山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2005年03月26日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 帯が~ | メイン | ず~っと立ち読み »


 チャートを見る!

2005年03月26日

何かをきっかけに、急に「株をやってみよう!」って思う人が
最近 増えてきたみたいです。
5年前に私がはじめた頃は、そんな人、いなかったような・・・

さて、いざやる気になって、とりあえず証券口座を開いて、さあ・・・
「どうやって、銘柄を選ぶの?」
という壁にぶちあたります。
誰かの本に、身近なものとか、好きな商品の会社にしたらって
書いてあったっけな、ということで、とりあえず、いくつかの銘柄を
セレクトすると、今度は・・・・
「チャートってどうやってみるの?」
という次の壁が待っています。
チャートというと、ローソク足、移動平均線、出来高、ゴールデンクロスにデッドクロス、RSIに・・・ 
「もう やめて~それって何よ~」
ということになる人もいるかもしれません。
チャートを見る前に、わけのわからないことの意味から覚えなくちゃいけないのね、となるわけです。
さらに、意味だけわかったのではしかたがありません。
その使い方をマスターしなければいけないからです。

そうなると、せっかく株をやろうとしていた意欲が徐々に消え、
なんだか面倒・・・という感触が残ります。
ここで、夜になって一晩眠ってしまうと、一気に気持が下がっていることに
気づくことになるでしょう。
そうなんです。
チャートを見るところで、みなさん、一度つまずいちゃうのです。
だけど、ちょっと待ってくださいね。
”チャートを見る”ですよ。
ごちゃごちゃ能書きは、とりあえずどこかに置いて、チャートを見てみましょう。
難しい理論は、自分のペースでゆっくり理解をするのはどうでしょう。

それじゃあ、どう見るかですが、
1年間のチャートを表示します。
ぎざぎざとしているチャートを見て、一番、高かった株価のところで
横に線を引いたつもりになってください。
次は、一番低いところも。
さて、自分が買おうとしている銘柄の現在の株価はいくら?
もし、一番低いところに引いた線に近かったら、
すっごく底値ってことですよね。
もし、現在値が底値だったら、即 買い!というところですが、
もう少し高かったら・・・
待つか、買うか。
そこが難しいところです。
ただ、もし、買って、翌日から下がっても、線を引いた底値までは
下がるなあ、という覚悟はできています。
ですから、そこまで下がって上がる見込みがあるのではと、
損切りをせずに、待つことができるわけです。

さて、次に待つ場合です。
もちろん、底で買うことができれば、ベストですが、
底だと思っていた株価までいかずに、上がってしまうかもしれません。
それなのに、「いや、本当の底までいっていないから待とう」と
思うと、どんどん上がって、買うことを逃してしまいます。
ですから、ここで買っておけばよかったのですよね。

私の場合は、上がっていた株が下がって、過去の底値付近まできて、
ちょっと上がりはじめた時に、上昇の兆しがあるなと判断します。
誰でも 下がりきったところがどこだかがわからないので、
底値で買うことは難しいのです。
偶然買えちゃうときもありますけどね。

まあ、こんな感じで私はチャートを見ています。
実は、株をはじめる時には、チャートの勉強をしました。
ですから、チャートの理論は、必要ない!とは 思っていないのです。
どちらかというと知っていた方がいい、と思っています。
でも、せっかくやる気になっているところで、
何度も壁にぶつかるぐらいなら、
最初は、本当に底値近くの銘柄を選んで、買ってみる方がいいのではないかな。

チャートを見る期間は1年間と書きましたが、私は半年間。
でも やっぱり初心者は、1年間ぐらいがいいでしょう。
ところで、半年間て意味あるの?と思うでしょ。
べつに~ (かなり無責任)
でも、企業って半年先が見えないでしょう。
ライブドアだって、フジだって、日本放送だって、
半年前にこんなことになるなんて、誰も思っていなかったでしょうしね。
だから、何年前までのチャートを見れば正解ってことがないのなら、
あまり5年とか、10年といった長い期間のチャートを見るのは
無意味かなと思っています。

チャートの話をすると夜が明けてしまいそうなので、
今日のところはこの辺で。
今から 女性自身の原稿を書かなくてはいけないんです。
実は、来月末から、私の連載が始まるんで~す。

| | - | 2005年03月26日 04:15 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/18





 コメント

週間女性でこんかいのコメントとほぼ同じ内容の記事を目にし、「なるほどなぁ~」と思った次第です。
今度は女性自身に連載ですか!大変でしょうががんばってください。
男性ですが、嫁さんにでも買ってきてもらうか、立ちヨミ(オイオイ)して勉強させていただきます。(^^;)

| ふくくる | 2005年03月26日 09:04

「超カンタンウィーク~」を読んで、すっかり「株」にはまってしまいました。まだまだはじめたばかりで、数千円買ったり負けたりの日々ですが。(^^)有花さんの著書やこのブログを参考に楽しみながら、トレードしたいと思っています。

| ゆっけ | 2005年03月26日 16:29

本当です。
「何を(銘柄)・いつ(今でいいの?)・いくらで買う(この価格でいいの?)」
と、迷いだしたらキリがありません。
特に、短期決戦!の取引をする時には、株価の上下に一喜一憂です。
買う時期を失敗したと思ったら(買う銘柄ではなく)、短期はあきらめて中・長期で様子見でもいいのかしら?とも思いました。
ただ、私の場合は、投資資金が限られているので他のトレードができなくなりますが・・・。

短期で資金を何回転も運用できればいいのですが、ケース・バイ・ケースでもいいのでしょうか?ただ、先の期間が長くなるほど予想は難しくなると思うので(2.3日後の予想より半年後、1年後の予想はもっともっと難しいし、何が起こるかわからないですものね)、決断が難しいです。

女性自身で連載をされるんですね!私も楽しみにしています(^^)
色々なところで山本さんの名前を拝見するのですが、この前は外出先の、地下鉄のドアに貼ってある広告が山本さんの著書のものでした。
著書を買うきっかけになったのは、新聞の広告だったし・・・。
とてもお忙しいと思いますが、お身体ご自愛ください。

| terun | 2005年03月26日 18:52

はじめまして、この間は私のBlogにコメントを寄せていただきありがとうございます。
私は普段売買するときは、チャートは参考に見る程度であまり分析するところまで踏み込んでいません。ただ、チャート分析の本も多く出ているようで、私自身の成績も良くないので、これからはチャートももう少し踏み込んで分析してみようかなとも思っています。
これからも時々寄らせてもらいますのでよろしくお願いします。

| なおりんりん | 2005年03月26日 23:47

なおりんりんさま
チャートは、難しいですよね。
何かわかったら、私にも教えてくださいね。

| 山本有花 | 2005年03月27日 03:02

terunさま
地下鉄のドアに?
そんな噂を聞きました。
でも実際、私は見たことがないんです。
我が家の周辺では、私の名前はあまり見ないですねえ。
田舎だからかなあ。

| 山本有花 | 2005年03月27日 03:04

ゆっけさま
いっしょに株で楽しみましょう。
ところで、”ゆっけ”という名前の由来は?
焼き肉のゆっけかなあ・・・

| 山本有花 | 2005年03月27日 03:06

ふくくるさま
男性は、女性自身を買えない・・・
う~ん、そうですかあ。
アサヒ芸能とか、週刊現代だったらいいかしら。
ちょっと前に、そんな話も。
でも 少し、色っぽく書かなくちゃいけないらしいんです。
「株って、すてきよ~ん。うふっ」みたいな感じで。

| 山本有花 | 2005年03月27日 03:08

> 山本さん

大丈夫です。それこそ立ち読みします。(オイオイ)
もしくはKABAちゃん作戦でいきます!
鼻に抜けるような声でお支払い。

「これぇ~、くださぁぁ~~い♪」(笑)

| ふくくる | 2005年03月27日 08:42




 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.