山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2007年04月13日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« より賢く、より豊かに | メイン | うれしいメール »


 きれい派?書きまくる派?

2007年04月13日

♪ 5月19日(土) 無料セミナーイベント
石橋明佳さんとのパネルディスカッションについては
前回のブログと
http://www.tokyoforex.jp/special/semi200705.html
                          を見てね ♪

先日、娘の小学校の教科書を見て
あまりの薄さにびっくりしたわけですが
本当に パンフレットのようなんですよ。

私が小学校の時の教科書は
確か色などついていなかったような。
そして、国語などは文字ばかりでしたから
ページの余白によく いたずら書きをしたものです。

%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

大きくなってからも 本に書き込む習慣はそのままで
さすがに いたずら書きはしないようになりましたが
重要だと思われるところに線をひいたり、
わからない熟語の横に意味を書き込んだり・・・

そんなわけで、私の読んでいる本は
写真のように線だけでなく折れていたりして
きたないんです。

ところが先日、友人に 
「本に書き込むの~?」とけげんそうに
言われてしまいました。
どうやら、本というものは 大切に扱うべきだということで
きれい派 なのです。

読書好きのみなさんは、きれい派でしょうか
書きまくる派でしょうか・・・

娘は、オールカラーの美しい教科書なので
きっと きれい派になるだろうなあ。
そして、書きまくる派の私を見て、
注意してくるかもしれませんね。
ママ~もっと 本は大事に扱いなさい!って。

私は、感動したページは、何度も何度も読み込んで
好きな言葉に線を引いて、ボロボロになるまで
読みたいなあ。。。
それでも 言葉や文章を大事に思っているんですけどね。

確かに写真の多い図鑑のようなものは
書き込まないのですが、何度も見るので
紙はよれよれになってしまうんですよね。
そして、押し花までしちゃってますから
久しぶりにページを開くと パラパラっと
ドライな花びらが床に落ちたりして。


久しぶりに アリ・キエフ著の『リスクの心理学』を読み返しました。
「トレーディングで、どの程度成功するかは、
どの程度の量の不確実性なら扱えるか、
リスクをどの程度までうまく管理できるかといった
要素で決まってくる」
う~ん、何度読んでも 私をうなづかせる良い文章だあ。

| | - | 2007年04月13日 10:39 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/336

このリストは、次のエントリーを参照しています: きれい派?書きまくる派?:

» 生保不払い from KL Networks
『先着500名様限定 資料請求キャンペーン』 -------------------------------------------------- ファン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月14日 11:27






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.