山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2007年04月28日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 川の流れ | メイン | 44番ばんばりました~! »


 あいうえお の うた

2007年04月28日

待ちに待った?GWがやってきました~♪
家事も仕事も投資もお休みして 楽しくすごしたいですね。
今日は、GW突入前に ほのぼのしたお話を。

金曜日に 娘のはじめての授業参観があったんです。

aiueu.jpg

科目は こくご

あいうえお の うた
という詩を 子供達が朗読する授業だったんです。

ありのこ あちこち あいうえお
いしころ いろいろ あいうえお
・・・・・・

うまくできている詩です。

先生が子供達に質問します。
「ねえ、みんな~
 このうたには、同じようなところが
 あるんだけど わかるかなあ~?」

は~い 
   は~い 
       は~い♪

30人クラスのうち、5人ぐらいの子供達が
手をあげました。
もちろん、わが家の娘は、し~ん。。。。

「はい、○○さん」
「えーと、さいしょの ありのこの あ と
 いしころの い とか 
 いちばん うえの じが あいうえおになってる~」

おおっ!
静かな 母達のどよめき。

「よくできたねえ。そうだねえ。
 一番上の文字を見てみると 
 ほんとだあ!あいうえお ってなんてるねえ。
 他には 同じところあるかなあ。」

は~い 
   は~い 
       は~い♪
は~い 
   は~い 
       は~い♪


「じゃあ、△△さん」
「あのねえ、ありさんのやまのよこのうえのほうにあるでしょ。
 それと したの ところのがいっしょ。」
「・・・・・」

先生は、必死に 理解しようとしているのですが、
わからなかったようで。
「えーと、もう一度いいかなあ。どこがいっしょ?」
「あのねえ、ありさんのやまのよこのうえに ほら
 ちいさい いえ があるでしょ。
 したの おおきい えと いっしょでしょ。」
「あ~」

その子供は、さし絵のことを言っていて、
山の上の小さい家と 下のさし絵の大きなエントツ付きの
家が同じだって言いたかったわけです。

「う~ん、そうだなねえ、それも似てるけど
 他にはないかなあ。」

は~い!!

すっごく元気な男の子
「あのねえ。えんとつ の え と あの え がいっしょ。」
「・・・・」

またしても 理解不可能な先生。

「えっ、えんとつの え と どこの え かなあ~」

すると その男の子は立ち上がって 指をさしたのです。
「この え と こっちの えが いっしょでしょっ!!」

男の子が指したのは、一つは えんとつの え。
そして もう一つは、さし絵を描いた人の名前のところに
書いてある さし絵の え という すっごく小さい文字だったんです。

「あ~~ これねえ。すごいねえ。よく見えるねえ。
 うん、これも 同じだったねえ。
 う~ん、この詩のところだけに 限定してみようかあ。
 ここだけの中で 同じところあるかあな」

こんなふうに子供達は、 面白い発見をし、
先生が焦っている様子に 思わず笑みがこぼれてしまいます。

さて、次は また難題が。

「さあ、今日は 『あ』 のつくもの 考えてみようかあ。
 『あ』のつくもの知ってる人~?」

strong>は~い 
   は~い 
       は~い♪

「はい、□さんどうぞ」
「ありのこ!!」
「そうだねえ、でも それは あいうえおのうたに
 書いてあるから、違うのは何かないかなあ。」

strong>は~い 
「あり!」
「う~ん、そうだなねえ。ありは、ありのこだけど
 違うからいいか、書いておこうね。」

strong>は~い 
「ありんこ!!」
「うん・・・・ありんこと ありのこは 同じだけど
 違う言葉・・・かな。そうだよね。書くね。」
そういって、黒板に書いている先生。

その後しばらく し~ん となってしまって
先生がヒントを。
「あーー先生 いいこと思いついちゃった。
 あめ っていうのがあるねえ。」

strong>は~い 
「あめんぼ!!」
「う~ん、あめ とあめんぼは 確かに違うよねえ。」

「ありんこ!!」
「さっき 書いちゃったんだあ。」

すると、賢い女の子が すくっと立ち上がり。
「あじさい」
と言った時、母達から再びどよめく声が。
ホ~

私、この一瞬だけ この子のママになってみたかった~。

先生は、この話題は、もうだめだとあきらめたらしく
「じゃあ、新しいうたをつくりましょう。
 そうねえ、あじさい が出たから あじさいで
 やっていきますよ。
 あじさい、あちこち あいうえお
 はい♪ みんなも一緒に。」

「あ、あべひろし!!」
いたずらっ子っぽい男の子が大きな声で言ったのです。
すると あちこちから 
「あべひろし」 「あべひろし」
と口々に子供達は言うわけです。

「はいはい、みんなあ。あべひろしは、いいから
 あじさいで うたを読んでみますよ。ハイ♪」

すると
「あべひろし あちこち あいうえお!!」
どういうわけか クラスが全員一致で
あべひろしで うたを読んだのです。
息もぴったり。

恐るべし、娘のクラス1年2組 

| | - | 2007年04月28日 07:14 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/340






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.