山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2007年06月30日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 山本式FX3点法 | メイン | あなたサイコロ~♪ »


 生きるために

2007年06月30日

♪ 投資家情報サイトは、マスターインベスター
     http://masterinvestor.info/  ♪

♪ 『山本有花のよくわかるFXセミナー』
  場所:渋谷    
  日時:7月19日(木)
  午後1時30分~4時30分  ♪  

6月が今日で終わって、明日から7月になる・・・
最近は、あまり見ることのなくなった連続ドラマ。
先日、たまに見ていた ヤマピーが 長澤まさみに
プロポーズするドラマの最終回を見て、
昨日、昼の1時半から毎日放送されている
ドロドロ系のドラマの最終回を見終えました。

来月から、また新しいドラマがはじまるんだなあ、と
今度こそ、何か一つ、毎回欠かさず見るドラマを
見つけよう・・・なんて思いながら、
先ほど、フィリピンの家族を撮したドキュメンタリーを
見ていたんです。

この家族のドキュメンタリーは、2005年にも
やっていたようで、偶然ながら 私は その時も
この番組を見ていたんです。

2年前は、12才だった女の子が、家族4人のために
ゴミ山で ゴミを拾って売るという生活をしている内容でした。
今日は、その女の子が14才になっていました。
以前は、長屋暮らしで、あるんだかどうかわからないような
扉の向こうに家族が暮らしていたのですが、
この家族が アパートに引っ越していたんです。

ピンク色系のかわいいアパートの5階。
その色から想像できないほど、家族は もっと不幸になっていました。
家賃や光熱費を支払うために、長屋暮らしの時よりも
生活が苦しくなっていたんです。
それに、お母さんの病気もひどく・・・

14才の女の子は、あいかわらずゴミ山で働いていて、
その弟もいっしょに。

私が14才の頃は何をしていたっけ・・・
中学2年生?かな。
だったら、ダンス部で あこがれの先輩みたいに
なりたい、って思ってた頃かしら。
確か 水色のレオタードを着ていたんだっけ、私。

美術部の合宿で、スケッチをしている時に
高原のちょっと小高いところから、
顧問の先生の背中を押して、ゴロゴロと転がっていくのを
ケタケタと友達と笑って、先生に怒られた頃かしら。

母親が寝坊をして、お弁当を持っていけなかった時に
お昼に届けてくれたお弁当箱のフタが
モコッと浮き上がっていて、中身の鶏肉がクリスマスに食べるような
もも肉の焼いたのだったので、
大きすぎて恥ずかしいから 食べられなかったよ~!!と
怒ったあの時は、14才だったような・・・。

私の14才と テレビに映っていた14才の女の子は
あまりにも違っていました。
私の14才の時に、生きるために、必死で毎日を過ごしている
同世代の女の子を見たことがありません。
そして、大人になった今でも 身近な人で
生きるために必死になっている人を見たことがないような気がします。

それだけ、日本は平和なんでしょうか。
日本でも定住する家がない人や仕事につけないで
生活に苦労している人がいます。
でも、私が知っているのは、それもテレビ番組の中でのことが
多いので、まるで別の国のことのように思えてしまうことも
あります。

だけど、人生は どこでどうなるかわからない。
それは私も一緒なんだから、楽しいこと、うれしいこと
夢を追いかけることばかりではなくて、
ちゃんと生きていることに感謝して、
生きるために しっかり地に足をつけて生活していかなては。

さあ、せっかく起きているんだから、有意義な時間を過ごすことにしようっと。
本を読もうか、調べものをしようか・・・・
外は また雨。。。。


| | - | 2007年06月30日 23:12 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/453






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.