山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2007年10月25日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 子どもと予算について学ぶ | メイン | FXをしながらピザをつくる »


 汐留カレッタの1階は地下2階

2007年10月25日

素敵な奥さまHさんは 私のお仕事を手伝ってくださっている
ライターの一人ですが、
そのHさんと ランチ兼打ち合わせで
汐留カレッタで 会うことになったんです。

とりあえず 1階でね、ということに。


%E5%B8%AF%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%A0%E3%81%BF%E3%83%BC.jpg
今週販売開始

☆ 「モテカブ流」個人投資家説明会セミナー
11月10日(土曜日)、12月1日(土曜日)
お問い合わせは
03-5367-1026
または info@motekabu.jp

======================

ところが 会えないんですよねえ。
あそこは。
1階だと思っていたところは 実は地下2階で
地下2階から見上げると 上の方に 道路があって
あまり汐留というところに 来たことのない私は
あれ?あれ?あれ?

そんなこんなで どうにか落ち合うことができて
ランチをすませて お茶にしたんです。
そう、お茶だから お茶屋さん。

どうやら そのカレッタにあるお茶屋さんは
有名らしく、一緒だったスタッフから教えてもらったんですが
抹茶パフェ的なものが 人気らしいです。

私は、お抹茶が飲みたくて
白玉団子のセットの玉露を頼んだんです。
そうしたら、想像していたものとは違って
煎茶みたいな葉っぱと
小さな湯飲み
少しだけ大きめの器
茶こし
すごく大きな お湯の入ったやかんが
やってきたんです。

どうやら、自分で作成する、いえ
お茶を入れるらしいのです。
お茶の入れ方が書いてある用紙に
イラスト入りで 説明されているのですが
すご~く面倒。
だって、私は 小泡のたったお抹茶がくると
思っていたんですから~

でも、やりましたよ。
まず、お湯を60度に冷ますための器に
お湯を とぼとぼ
90度あったので 時間がかかりました~
そして、湯飲みも温めるために
お湯を とぼとぼ

その間に 白玉を一つ パクッ
「先に 食べちゃうんですかあ~」
と言われながら
我慢できない私は 無視して食べちゃいました。

お湯が60度に下がると
そのお湯を 茶葉の入った急須へ
ここで3分待つ。
水時計がついていて、それを目安に。

水時計って知らないでしょっ
(・・・と決めつける)
砂時計の代わりに お水なんです。
白玉みたいなのが入っていて、それが
3分経つと 下から上に動くんです。

3分後 やっと飲んだお茶
「う~ん」
私には お茶の良さや味というものがわからないようです。
おいしいが・・・ だが 家で飲むスーパーのお茶も おいしい
といった感じでしょうか。
2杯目からは、お湯を冷まさず、直接急須へ。
時間も無視して ごくごく飲んじゃいました。

そういえば、中学3年の時に習っていた茶道でも
「そんなにお湯を入れて そんなに泡立てるんじゃありません!!
ゆかさんは、マイナス1000点!!!」

と 先生に怒られてましたっけ。

私のような不作法な人間でも
汐留カレッタのお茶屋さんは 楽しめます。
白玉もおいしいのですが
今度行った時には やはりパフェを食べてみようと思います。
だって、店内の方 半分ぐらいは パフェを食べていましたから。

あそうそう、
お友達と待ち合わせする時は、
地下2階がいいですよ。
だって、そこは1階みたいだし
ベンチがいっぱいおいてあって 座って待てますから。

そして、とっておきのディナーだったら
AQUAというお店がいいです。
ずっと昔で料理のことは忘れちゃいましたが
店内が池みたいになっていて
その上の橋を渡って テーブルまで行くんです。
水の上に落ちそうになる私を
「大丈夫ですか、奥さま」
と 男性が手をさしのべてくれる・・・かも・・・・
だったら いいな~
という期待をもたせてくれます。

| | - | 2007年10月25日 04:55 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/477






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.