山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2008年01月 アーカイブ

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »


 習い事をやめる時

2008年01月29日

★★    お詫び  <(_ _)>    ★★
FXの新刊について、
17ページ、26ページに 印字ミスがありました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
17ページ イラスト部分
11万5000万円 → 11万5000円(正)
26ページ  7行目
 「20万円」 → 「2万円」(正)
読者のみなさん、誠に申し訳ありませんが
訂正をお願いいたします。
★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★

先月、次女から スイミングクラブをやめたい、
と言われて、なんとか続けさせようかと
説得に試みていました。
次女は、2才半から スイミングクラブに通って
いるのですが、まだ2年半しか経っていませんから
せめて、小学校にあがるまでは・・・ と
親としては思っていたのです。

長女も通っているので、
「一人だけやめても つまらないよ」
と言ってみましたが、
「いいの」 という返事。
やめたい理由は、
もう 上手になったからいい、なんです。
背泳ぎができて もうよくなった、ですって。

私は、平泳ぎも バタフライもあるんだから、
と言ってはみたのですが、
かたくなに NO!
無理矢理習わせるのも考えものですから
しぶしぶやめることを承知したんです。

すると、長女が 私も!!
え~ どうして~??
長女は、次女の意見に流されて
やめるということになったみたいなんですよ。
自分の意見をしっかり持って!
ところがだめなんですよね。
一度、やりたくな、と思い出すと。
それで、これもしぶしぶ承知。

よく考えたら 私も小さい頃
習い事が続きませんでしたからねえ。
親に 飽きっぽいとよく言われました。

もう少しがんばれば、もっとうまくなるのに~
と まだ気持ちの中では 承知してなかったんですが、
この日曜日に 市民プールへ出かけたんです。
すると、長女は 50メートルも泳げるんです。
えっ?
いつのまに~?

私が小学校1年生の時は、10メートルがやっと
だったような気がします。
もしかしたら、長女は長女なりに
ここまで泳げたら、と決めていたのかもしれません。

習い事をやめるということは、
もう、私が送り迎えをしなくていいことになります。
楽になる~と思う反面、寂しいような。
何でもそうなんでしょうか。
終わりにする、別れる、という儀式は
寂しいものです。

私だけが感傷に浸っていると
長女は、社交ダンスが習いたかった、と
言うんですね。
今、やめたばかりで もう 次を?
またどうせやめちゃうんだから、
よく考えて! と言うと
前から ママと一緒にやりたかったの、と。

私は、子供達がスイミングに行く
1時間前に 社交ダンスを習いに
行っているんです。
そして、そのあと、スイミングクラブへ。
ですから、子供達は、私のダンスレッスンを
見てから 習い事に出かけることが
多いんですね。
どうやら、私が バカ笑いをしながら
踊っているせいか、相当 楽しそうに
見えたようです。
本当は、ダンスのステップを間違えまくって
照れ笑いなんですけどねえ・・・

なんだかんだ言って
ママと一緒に~ という言葉で
私も いいわよ、と 承諾。
親は こういう言葉に弱いのです。
まさか、親子で社交ダンスを
習うなんて思ってもみませんでしたから
なんといっていいか。

よ~し、これからは
娘を世界チャンピオンにするために
ビシビシ ダンスの練習をさせるぞ!
なんて、自分がちゃんと練習しろっ!と
言われそうです。

娘は、がんばるかもしれないし、
またいつかやめてしまうかもしれませんが、
少しでも 社交ダンスの楽しさを
味わってもらえればいいかな、と思っています。
だって、スイミングプールはやめても
市民プールには 連れてってくれって
しつこいほど、泳ぎが好きなんですから。
社交ダンスも 大好きになってくれると
いいんですけど。

あたたかい気持ちで 長女の社交ダンス
を見守っていこう、って
決めましたが・・・・ ぐっぐ・・・(握拳)
「ママー、ダンスの相手は 2年生から4年生までの
男の子がいいなあ~
私、背が高いから 男の子も
背が高い人だといいんだけど・・・」
と 高飛車なことを。
なんですって~!! 
ぜんぜん踊れないくせに、もう相手の男の子の
ことばっかり考えて~

でも、おかしいんですよ。
昨日の晩も 音楽の教科書にあった
「音楽のおくりもの」という歌を
アカペラで唄いながら
自己流のワルツを踊っているんです。
四拍子に 三拍子のワルツを
あわせるなんて、ただものじゃない。

| | - | 05:02 | トラックバック |



 お恥ずかしい

2008年01月26日

★★      お詫び      ★★
FXの新刊について、
17ページ、26ページに 印字ミスがありました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
17ページ イラスト部分
11万5000万円 → 11万5000円(正)
26ページ  7行目
 「20万円」 → 「2万円」(正)
読者のみなさん、誠に申し訳ありませんが
訂正をお願いいたします。
★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★

前回、FXの新刊の印字ミスということで
お詫びを申し上げたばかりだというのに
またまた 一つ見つかってしまいました。
お恥ずかしい (>_<)

新たなミスプリは、何年も前から 
私のセミナーなどに参加していただき、
いつもあたたかい言葉を頂戴している方が
見つけてくださったのです。

このカブッチャブログが システム上の都合で
コメントの書き込みができなくなって
みなさんの直接の声をなかなか
知る機会が少なくなってしまったのですが、
こうやって、何かあるたびに
ブログの問い合わせの方から
メールをいただきまして、
元気づけられたり、いろいろと教えていただいたり
しております。
長い間、いつまでも 応援してくださって
本当にありがとうございます。

不思議なことに いただいたメールの
ハンドルネームを拝見すると、
その方の顔が目に浮かびます。
今回 教えていただいた方は、
ハンドルネームも美しくて、それと同じように
色白の美しい人なんです。
よくセミナーの時に、私は話ながら
思ったものです。
「なんであんなきれいな肌なんだろう・・・」と

な~んだ、講演中に そんなことを考えて
いるのかあ、と思われてしまいそうですね。
そう 実は いろいろと考えているんです。

入院をするんです、というある人から
コメントがあってそのままに
なっていたこともあります。
でも、1年ぐらいたって、
その後、治ったという話をメールでいただけました。
やはりハンドルネームなんですけどね。
そして会ったこともない人なんですけど、
昔、イメージしていた顔や話し方を
再び 思い出すわけです。

新しい本が 出版されるたびに
読んでくださって、
感想を伝えてくれる人もいます。
書店で、有花さんの本が平積みに
なっていたから、その隣の知らない人の
本の上にも 有花さんの本を
置いてきちゃいました、という
遠い土地で、私の宣伝営業を
してくれる人もいます。
ハンドルネームから想像した姿だけど
私は、またあの人、舌をぺろっと出して
私の本を横に並べてるんだなあ~
本屋さんに見つからないといいけど。
と 密かに笑っています。

時々、こんなふうに 自分のことを
思い出してくれて、連絡をくれる人が
いるのが うれしく思います。
学生時代の友人や 
昔努めていた会社の同僚からの
連絡もうれしいですけど、
私が、まだ本を出したばかりで
セミナーでも ちゃんとした話し方が
できなかった時代から 
ずっと応援してくれてきている人や
顔も見たこと無いけど、
ブログで出会って連絡をくれる人。
ブログから 本当にセミナー会場に
来てくれてお話した人。

本や雑誌に文章を書いて
世の中の人に 何かを伝える仕事に
ついたことは、
時々、反感をかったり、他人から
腑に落ちないことを指摘されたりすることも
ありますが、
それ以上に、こういう人達のあたたかさに
ふれることができるので
幸せな仕事を選んだなあ、と思います。

だからといって、誤字ばかりの本にならないよう
書くことばかりにとらわれないで
それをチェックする慎重さを忘れずに
これからも がんばっていきたいと思います。

もうかれこれ、こういう仕事について
5,6年ですからね。
いつまでも素人っぽく甘えていてはいけないので
プロ意識をもってやっていきます。
でも・・・ ちょっとまだ たよりなくて
かなりぬけているので、
何か ミスがあったら教えてくださいね。

今回、たくさんの励ましのメッセージを
いただきまして、本当にありがとうございます。
どうぞ 今後とも よろしくお願いいたします。

ご質問に対しても なるべく早くお返事するように
いたしております。
もし、お返事が来ない方、
ぬけている私に、もう一回催促してみてくださいね。

| | - | 09:23 | トラックバック |



 セミナー資料(山本有花講演会)について

2008年01月22日

★★      お詫び      ★★
FXの新刊について、
26ページに 印字ミスがありました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
7行目 「20万円」は誤りで
「2万円」が正しいです。
読者のみなさん、誠に申し訳ありませんが
訂正をお願いいたします。
★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★

1月12日に 新宿NSビルでセミナーがありました。
この時に、配布した資料の他、
口頭で説明させていただいたセミナー資料を
ご参加の皆様に マスターインベスターのサイトで、
ダウンロードできるようにお話させていただきました。

北京オリンピック銘柄などをご紹介しているので
セミナーご参加の方で、資料をダウンロード
なさっていない方は、2月の第一週目まで
ダウンロードできるようになっていますので
お早めに ご利用いただければ幸いです。

話は変わりますが、
みなさんのお住まい付近では、
雪は降りましたでしょうか。

知り合いの地方の方からは
銀世界できれいだ、とか
雪が降って寒い~ という
話を聞きました。
我が家も、ちょっと ちょっと ちょっと
降ったんですよ。
2個 雪を見ました。

でも、そう言ったら、
目の錯覚だろう、って。
2個だけ 見る~?
ところで、雪の単位は何でしょうね。
個? 枚? う~ん???
あーーー! 片じゃないですかねえ。
片(ひら)!

雪の単位のことぐらいで
この夜中に 興奮してしまった。

1日に 何か1つでも発見があると
なんだか頭の中がレベルアップした気持ちに
なります。
何か1つでも学ぶと 知的な人に
近づけた気がします。
今日は、雪の単位があっているかどうか
わかりませんが、このことで
かなり頭を使ったので、少しは柔らかく
なったような気がします。

もう一つ、コーヒーの樹木になっている
赤い実のことを チェリー と呼ぶということを
知りました。
今飲んでいるインスタントコーヒーも
なんだか高級感のある飲み物に思えてきました。

物事をさらりと幅広く知ることも楽しいのですが、
一段階掘り下げて追求してみるのもいいものです。
私は、社交ダンスをはじめてから 
ダンスパーティに行く機会が出てきて
名前も年齢も職業も知らない人の
隣で 何時間も食事をしたり、お話したり
ダンスをしたり するわけです。
こういう時に、仕事の話ばかりでは
つまらない。
どちらかというと 楽しいパーティの場で
仕事の話は ほとんどしません。

ダンスが好きな人の集まりですから
ダンスの話は当然盛り上がります。
しかし、ここで出てきた前菜のサーモンに
ついて、もう少し詳しい話をしてくれる人が
いれば、その話題で盛り上がれます。
パーティに何度か参加すると、
「前回の料理より今日の方がいいねえ」
などという話も出ます。
参加していない人は、
「前回は どんなお料理?」と
たずねるわけですよね。
「えーと、前回はねえ、ローストビーフに・・・」
と答えれば、
「ローストビーフといえば、あそこのお店に
行ってみて、すごくおいしいのよ」
と続くわけです。

ちょっと人と違うことを知っているだけで
会話は はずみます。
そして、違う情報や知識を持っている人達と
会話することで、自分の持っていた情報や
知識は 何倍にもふくれあがるのです。

セミナーも パーティと似たところがあります。
講演者が 一方的に話すという時間もありますが
時間が許せば、参加者からの質問に
対して答えますから、
そこで、他の人の疑問点を知ることができます。
セミナー会場で、お隣に座った方と
お友達になれば、帰りにお茶でも
ということになり、セミナーの感想や
自分達の経験や意見交換ができます。
こうやって、人とコミュニケーションをとって
自分だけでは知り得ない情報や知識を
何倍も増やせることは すばらしいですよね。

私は、若い時から合コンとかも
ほとんど参加したことがなくて、
知らない人と食事をしたり
飲んだりする機会というものがなかったんです。
それも ダンスパーティのように
おめかしをして、コース料理をいただくなんて
私には、想像できないことでした。
どこかの国の上流階級の方達は、
そんなこと毎日よ、というかもしれませんが、
私には とうていほど遠い世界だと思っていました。

参加してみて、1年に一度ぐらいは
こういうパーティに参加してはどう?と
薦めたくなります。
ジーパンにセーターを着て、
買い物に行ったり、子供達のお迎えに行ったり、
夕食を作ったり、洗濯物を干したり・・・
こんな日常生活も悪くはないのですが、
優雅な何時間を過ごしてみるのもいいです。
音楽、ダンス、お酒、会話
そんな楽しみが充満している時間を
過ごした後は、気持ちも優雅になっています。

ベランダで洗濯物を干していても
鼻歌が出てきて 思わずステップしちゃいます。
髪型なんて気にしないで、ゴミ出しに
行っちゃいますけど、ちょっとだけ鏡の前で
髪を整えて玄関を出るようになります。
次のパーティでは、こんな話をしてみようかな、と
昔読めなかった本を開いてみたくなります。

ね、ちょっと楽しそうな毎日でしょう。
みなさんも機会があったらパーティに
参加してみるのはどうでしょう。


| | - | 02:57 | トラックバック |



 スロー・スロー・クイック!

2008年01月20日

・・・・・・    お礼    ・・・・・・
山本有花のやさしいFX投資法          
                (中経出版)
好評発売中♪
読者の皆様、応援してくださっている皆様
本当にありがとうございます!
<・・・・・・  (T_T) <(_ _)> ・・・・・

今、社交ダンスでは、クイックステップ
というダンスを習い始めたところです。
ワルツ、タンゴ、ルンバ、ジルバ・・・
これらのダンスのなまえだったら、
聞いたことがある人も
多いのではないでしょうか。

クイックステップというと
ちょっと 専門的な感じでしょ。
リチャードギアが出演していた
「シャルウィダンス」の映画を
見たことがある人だったら 
すぐにわかります。

映画のラストに近いダンス大会の
シーンで、リチャードギアが
相手の女性のドレスの裾を踏んで
しまい、ドレスがぬげちゃう時に
踊っていたのが クイックステップです。
軽快な音楽に合わせて
まるでスキップをするような軽やかな
ステップ。
上手な人が踊ると ドレスの裾が
ふわ~っ となびいて
それはそれは美しいのです。

さて、私はというと
今は 美しさのかけらもない
どたどたっ としたステップです。
いえいえ、ステップといえないかも。

昨日のレッスンは、早い
ステップを教わりました。
もし、出来たら とても素敵な
ダンスの部分なんでしょうが、
今は、超中途半端なコサックダンスの
ようです。

面白いことに 先生は、
スロー・スロー・クイック! と
声をかけて教えてくれているんですが、
私は、ちっともそのリズムに乗れて
いないんです。
(先生にとっては面白くないですよねえ)
スローは、ゆっくりと
クイックは、早く
しかし、私は
クイック・クイック・ドタッ・クイック・おっとっと
という感じです。
鏡で自分を見てみると
萩本欽一さんみたいで
笑っちゃうほど面白いんです。
ちょうど 私もたれ目なので
萩本欽一さんに もう少しでなれそうです。
う~ん、萩本欽一さんに近づくことが
いいのだろうか・・・

本番は、春!
ロングドレスを着て、蝶のように
舞うイメージを頭に描いているんですけど
本当に 蝶のようになれるかなあ~

ところで 靴
唐突ですよね。
ダンスシューズの皮が 
だんだん伸びてきちゃうんです。
ですから、ゆるくなっちゃうわけです。
最近は、靴がぬげないように
厚手の靴下を履いて レッスンを
しているんです。
レッスン着は、黒の上に 黒のスカート。
そこに 例の靴下。

あ、いけない。
娘の友人のママさん達ぐらいしか 
私の靴下のこと知りませんでしたね。
女純一と呼ばれるほど 普段は素足。
ですから、私の靴下のレパートリーは、
本当に少ないんです。
それで、昨日は、レッスン着に
赤紫、青紫、青、グレー、水色の
横しまハイソックス。

想像すると う~んと頭をかかえちゃいそうでしょ。
先日、スケートのために
黒のハイソックスを買ったのに、
どういうわけか片方がないんです。
ちゃんと探せばいいでしょ、という感じですが。

そこで宣言しちゃいます。
あと一ヶ月もすれば、冬が終わるから
白地に黒の花模様の靴下と
横しまのハイソックスだけで
なんとかやり通すぞ!!OH!!

それにしても どうして無地の靴下に
しないの?といわれそうです(笑)


| | - | 05:45 | トラックバック |



 頭を下げてる人達

2008年01月18日

・・・・・・    お礼    ・・・・・・
山本有花のやさしいFX投資法 
         
                (中経出版)
先週に再再再再増刷につき
読者の皆様、応援してくださっている皆様
本当にありがとうございました。
<・・・・・・  (T_T) <(_ _)> ・・・・・

今朝、テレビをつけたら 
頭を下げている人達が数人・・・
おや? と思ったら
NHKの方達が 申し訳ありません、と。

インサイダー問題でしたね。
10万円から40万円の利益とか。
う~ん、微妙だなあ。
こんな大ごとになるのに この額。

この額なら、地道に勉強して
インサイダーしなくても 利益として
得られる額なのに・・・
会社から処分も受けるし、
信用だってなくなるし。

そんなことを思っていたら、
またまた頭を下げている人達を
テレビで発見。

今度は、はがき用再生紙の
配合率の偽装。
それも大手製紙メーカーばかり。
どうか株価まで下げないでほしいですねえ。
せっかく 今日の日経平均は なんとか
プラスになっているのですから。

先日までは、食品の製造日偽装問題で
頭を下げている人達を
たくさん見たばかりだというのに、
今週も 後に続きますね。

私がショックだった製造日偽装は、
赤福かなあ~
どこの名物だかわからなくて
大阪行っても、名古屋に行っても
三重県に行っても とりあえず買ってしまって
ましたから。
製造日を偽装したことにショックというより
これから お土産に何を買えばいいのか
わからないところがショックですねえ。

来週は、どんな会社が頭を下げるか・・・
いえいえ、そういうシーンを
見ることがない平和な一週間だと
いいんですけど。

| | - | 20:37 | トラックバック |



 勝率100%継続中

2008年01月14日

・・・・・・    お礼    ・・・・・・
山本有花のやさしいFX投資法          
                (中経出版)
先週に再再再再増刷が決定いたしました!
本当に 涙が出るほど うれしいです。
ありがとうございました。

<・・・・・・  (T_T) <(_ _)> ・・・・・

身近な人には、言っていたことなんですが、
昨年は、1冊も 投資の本を執筆しませんでした。
それは、他のことでやりたいと思っていたことが
あって、そのために投資の本のご依頼を
お断りしていました。

それともう一つ。
自分の投資方法で 目新しいものが
なかったものですから、書きたくなかったというのも
気持ちの中にありました。
同じような内容を 表現を変えたり
タイトルを変えて本を出すということは
私の意に反していて、
投資において充電期間をとっていました。

昨年12月に出版したFXの本は、
その数年前に出版したFXの手法と
まったく違います。
数年前は、数年前の相場で
行っていた方法ですが、
最近の相場では 最近の相場に対応できる
方法を確立したので、まとめてみたのです。
やっと新しいことをご紹介できることに
なりました。

私の本のウリは、
誰にでもわかる、やさしい内容ということ。
もう一つは、読んだ後に、
私でもできるぞ!とやる気になれるということ。

しかし、無責任に儲かるよ、といえなかったので
FXで何十億円も儲けたい、と思う人には
向いていないかもしれません。

私の投資に対する姿勢は、
リスクのあるものを なるべくリスクの低いやり方で
行うということ。
たくさん儲けなくてもいいから、
資産を減らさないように 着実に増やすことを
目的としていることです。
そして、毎日、パソコンとにらめっこしなくても
仕事や趣味や子育てしていても
余裕のある時間でできることしかやらない、と
いうことです。

最近一番、FXで大損する人が
多かったといわれている
サブプライムローン問題のあった
2007年の8月、9月の取引明細を全部
掲載しました。
努力はしましたが、はじめから結果がわかっていた
ことではありません。
でも、運良く 勝率は100%でした。
運良くというのは、宝くじのような運を天に
まかせたという意味ではなく、
自分の情報収集とそれをいかす努力、
そして、実際に取引をするという行動力
をもって、最大限に発揮できたことに
運が良よかったと思っているのです。

人は、努力を最大限に発揮できた時に
目標を100%達成できるわけです。
しかし、最大限を発揮するということは
なかなか難しい。
なぜならば、人には心があるからです。
不安、恐怖・・・などが 自分の自信を
ゆるがします。
そして、行動を躊躇させてしまうのです。

また、努力を発揮できるための環境が
予想外の環境に変化することもあります。
自分の予想した環境において、
自分の最高の努力をもって確実に行動した時に
100%の結果を生み出します。
だから、100%とういのは、
本当に 実力というより、運がよくなければ
達成できないことだと つくづく思います。

たとえば、最高に努力しても
実際にトレードする日に熱が40度あっては
うまく注文できないかもしれませんしね。

私の目標設定は、いつも低めです。
なぜかというと、目標を達成したいからです。
高いより低い方が達成しやすいでしょう。
ですから、今回のFXの本の勝率100%は
他のトレーダーの100%より、
利益に視点をあわせると 
とても低い目標と結果かもしれません。
でも、それでもいいんです。
私は、利益の大きさよりも確実性に
こだわるタイプの人間だからです。
大きく儲けて、大きく損することに
とても恐怖心をもつタイプの人間
だからです。

利益にこだわっても正解。
確実性にこだわっても正解。
こだわらずに、運を天に任せるのも正解。
投資に対して、不正解なこだわりなど
ないのです。
その人が こだわりたいところを
こだわり続けていけばいいと思います。

私は私らしいこだわり方で、
今年も まだ勝率100%を継続しています。
ほっ
本当のことをいうと
胸をなでおろしながら、毎回トレードが終わるたびに
ほっとしているのです。

ああ、今日も運良く努力が報われたなあ~
と 感謝しているのです。
えっ、誰に?
そうですねえ~
もし、存在するなら神様かな。
それと 自分を信じて行動させる自分自身かなあ。

相場が変われば、この勝率も100%を
維持できなくなるでしょう。
ちょっとがっかりして、落ち込むと思います。
でも、また やり直せばいいんです。
相場が変化するのはあたりまえ。
世界中の経済が、毎日一定なはずが
ないんですから、一つの方法で
勝ち続けようっていうのが大間違え。
小さな損失は、応急処置をして、
また、作戦を考えればいいんです。

転んだら、バンドエイドを貼って
血が止まったら、また走り出すのと
同じことです。
今度は、小石につまづかないように
しようって、注意をしたり、
砂利道は、走らずに ゆっくり
歩くことにしたり、作戦を考えれば
それでOK。

目標を100%実現させるのは
難しいけれど、簡単にもできます。
誰にでもできます。
目標を低めに設定すればいいだけです。
でも、低めの目標でも
たくさん達成すれば高い目標を達成した
ことと同じです。

だけど、一番大事なことは、
目標を100%達成させることより、
それに向かって努力をおしまないことです。
100%達成できなくて、落ち込んでも
それを回復させるバンドエイドを
持っているかどうかです。

投資も それ以外のことに対する
目標でも、何でもいっしょ。
目標を持ったら、がんばる!
がんばった結果がよかったら
すごく喜ぶ!
あまりよくなくても、落ち込み続ける
必要はない!
がんばりたくなくなったら 休む!
そして、再びがんばりたいと思ったら、
ぜひ、怖がらずにチャレンジしてみてね。

| | - | 14:25 | トラックバック |



 セミナーが終わって

2008年01月12日

  ◇◇ お知らせ ◇◇
次回セミナーは 名古屋証券取引所
詳しくは、マスターインベスターを見てね

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

土曜は、新宿でセミナーを行ってきました。
場所は、NSビル30階。
控え室の窓から下を見たら
ん~いい感じ。
高い所が好きな私は、もしかしたら○○?

あいにくの雨だったんですが、
よく見たら 雪のようなものが降っていました。
ほんとかなあ、あれは雪?
誰か 東京で雪が降ったか知っている人
いるかしら。

私のセミナーの前に 会社説明会が
ありました。
発砲プラスチックで有名な会社と
医療関係の会社
そして、牛角をフランチャイズに持つ会社。

牛角!
うんうん、よく行く・・・いやよくは行かないけど
たまに行く焼き肉屋さんだあ!!
こういう知っている会社の説明だと
身近に感じるものです。

私は、株式投資をやっているわりに
決算書やバランスシートというものを
よく理解していないと思います。
一つ一つの意味は、わかっているのですが、
今日は、一緒に説明を聞いていた人から
面白いことを教わりました。

それは、ここの負債は、
ここで埋め合わせているんだ、というような
話です。
つまり、一見、前期より利益が上がっているように
見えても 実は、本業で利益が出ているのではなく
他のところで うまく調整して利益のように
見えるんだ、ということや
本当は、損失が出ているはずなのに
この部分をこうして利益にしている、という
やりくりの方法を教えてもらったのです。

なんだか難しそう・・・と思われるかもしれませんが
実は とてもカンタンな理論です。

たとえば、今月の家計は赤字だわ~という場合、
家計簿に赤字と残したくないわけです。
合計のところに マイナス4,500円 と
書いてしまったら、ずっとそれが証拠になって
しまうでしょう。
まあ、家計簿は誰に見せるってわけでも
ありませんが、やはり永遠的に残るのなら
素敵な残し方をしたいものです。

そこで、サイズが小さくて1回しか着ていない
ワンピースと頂きもので未使用の食器と
型の古いブランドのバックをリサイクルショップで
売ってみます。
全部で5,500円。
すると本当は赤字だった月の合計は
プラス1,000円。

こういうことが会社の 決算書とバランスシートで
わかっちゃうってことです。

数字ばかりの決算書。
私は、数字に弱いので なるべく見ないように
したいなあ、なんて思っていましたが、
今日から とっても興味が持てるようになりました。
そうですねえ、まるで推理小説のトリックを
とくようなワクワク感があります。

さて、セミナーも無事終了してからの話。
よく会場の外でも質問を受けることがあるのですが
今日は、めずらしく若者がやってきました。
なんと大学生!!
これから株式投資をはじめたいということでした。
大学生から投資の勉強をしたら
優秀な投資家になるでしょうね。

昨日、本を買ってくれて
今日、セミナーに来ました~という
イケメンのお兄さんもいました。
よかったあ、本に載せた写真が
かなりライトでとばした写真で。

年配の女性は、三日前に
はじめて株を買いました、という方でした。

セミナーで初心者の方達にお会いすると
私も初心に戻れます。
これはとても大切なことで、
すっかり慣れて無防備になってしまった
投資に対する気持ちをあらためることが
できます。
何事も同じなのかもしれませんが、
時々初心に返るということは
必要なんだと思います。

そして、セミナーが終わって
最もうれしいのは、
喋り過ぎて、カラカラになった喉に
冷たいビールを流し込むことです。
乾ききって、ちょっぴりイガイガっぽく
なってしまった喉に
ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ・・・
イガイガ君が大波に呑まれて
さよなら~ という感じがいいんです。

今日は、一気に中生を二杯飲んじゃいました。
すると、ウエイトレスさんが
頼みもしない三杯目をテーブルに置いたのです。
きょとんとしていると
「あら、これで二杯目じゃないですかあ?」
ですって。
「二杯目じゃないけど、いいです、飲んじゃいます」
得したのか、押し売りされたのかわかりませんが
とにかく、ありがたく飲ませていただきました。

さてさて、日曜、月曜は連休。
ゆっくり寝て セミナーの疲れでも癒すか~
と思いきや 日曜日は、先日からはじめた
早朝スケート教室の日だった。
よし!早起きして、スケートがんばるぞ!
おやすみなさい (^^)/


| | - | 23:43 | トラックバック |



 ちょっと怖かった夢

2008年01月10日

◇ お知らせ ◇ ◇

「モテカブ流」個人投資家説明会
個人投資セミナー  
日時:1月12日(土) 14:00~
場所:新宿NSビル
お問い合わせ、お申し込みは ↓
http://www.motekabu.jp/seminar/

今年は ジンクスにしばられずに
今までできなかったことをやってみよう!という
気持ちで はじまったせいか、
初夢は、ジェットコースターにチャレンジした夢でした。

私は、ジェットコースターが苦手です。
頂点から急降下するときに
心臓が口から出そうになるからです。
ジェットコースターに乗って
最初の頂点に登っていくとき
ダッダッダッダ と
変にゆっくりでしょう。
あれがいやですよね。

ええい さっさと登って
さっさと降りろっ

って気持ちになります。
あのゆっくり感が 恐怖をさらに重ねて
いくのです。
でも、あの時間がないと
決心もつかないのですが。

さて、初夢の中の私は、
自分の意に反して
チャレンジャーになっていますから、
さらりとジェットコースターに乗り込むのです。
そして、一気に・・・・
そう
一気に 下がったのです。
普通、ゆっくり上がるでしょう。
でも、そのジェットコースターは、
いきなり地下に向かって急降下したのです。
心の準備ができていませんでしたから
そりゃあ もう 
声もでないほどの恐怖。
胸をつかんで 心臓が口まで上がってくるのを
なんとか防ぎました。

まあ、チャレンジャーとしては
一つ何かを克服したなあ、という
すがすがしい気持ちでもありますが。

問題は、その翌日の夢です。

誰だかわかりませんが
私は 女性の友人と何かを探しているのです。
シーンは、フリマ
はっは ちょっと若ぶって 略しちゃいました。
プリマハムじゃないですよ。
フリーマーケット。

さんざん、いろんなデパートやお店に
寄って、やっとフリマ会場に来たようなんです。
そして、私は捜し物を見つけたんです。
「あった、これこれ」
手にしたのは、薄いピンクのプラスチックで
できたペンケース。
そして、マジックで 女の子の絵やお花が
描いてあるんです。

友人が
「それなの?」 と聞くと
私は、答えます。
「うん、これ。だって、ぜったいに私の絵だもん。」

つまり、小さい時にペンケースに
自分で絵を描いたらしいのです。
ということは、どうやらこのペンケースは私の物?

私は うれしくなって、携帯で電話をするんです。
相手は、別の友人。
「あのね、見つけた。フリマで売ってたあ~」
私は、うれしそうに報告をするんです。
すると電話の相手は
「ねえ、もうやめなよ。そんなの手に入れたって
自分を弔うためとしか思えないよ。」

「えっ」

私、どうやら生きていないみたいなんです。
そして、私は、生きていた頃に使っていた
ペンケースを探しにさまよっていたらしいのです。
そのあとすぐに、夢から覚めたんですが、
はっきりと夢を覚えていました。

ね、ちょっと怖かったでしょう。

こういう話を読んだり 聞いたりして
自分もいっしょに怖くなっちゃったりすると
ついつい それを他人に話したくなっちゃいます。
「こういう話聞いちゃったあ」 ってね。
すると、相手の人も
「へ~、私も こんなの聞いたあ」と 
怖い話で盛り上がることがありませんか?
そして、カタッ という小さな音に
    きゃ~!!
なんて 叫んだりして

そして、その声が大きければ大きいほど、
その後に 大笑いしちゃうんです。
さっきの叫び声より ずっと大きな声で。
やっだ~ はっはっはっはっはっは
はっはっはっはっはっはっっは

すると、その笑い声に 福の神様が寄ってきます。
そして、私達に 幸福を祈ってくれて 一言
「大口あけて 笑いすぎだっちゅーの」


| | - | 05:17 | トラックバック |



 アイススケート

2008年01月06日

  ◇ お知らせ ◇ ◇

「モテカブ流」個人投資家説明会
個人投資セミナー  
日時:1月12日(土) 14:00~
場所:新宿NSビル
お問い合わせ、お申し込みは ↓
http://www.motekabu.jp/seminar/

3社の企業説明会があります。
経営リーダーの説明をうかがって、その後
私の講演があります。
でも、その前に、3社について感想を
述べたいと思います。
いいと思うことも言いたいですが、
悪いところもバッサリ斬っちゃいます。

抽選で10名の方に、DSソフトの
カブトレがプレゼントされるようです。
さらに20名に 図書カード1000円。
かなり当たる確立が高いんですねえ。

私の話は いつものように
アドリブがほとんどですが、

方向性としては、
① 今年の相場、
② 中・長期投資銘柄を選ぶなら
こういうのを!

③ NO!塩漬け株
売り時は こうみるのよ!

というような話をしてみたいと思っています。
もし、去年からの塩漬け株をお持ちの方が
いらしたら、どうぞ来てみてください。

◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇

今朝から アイススケート教室に行き始めました。
娘達からの強い希望で
なんと私まで。
午前6時から8時。
これってたいへんなんですよ。

私は、早起きなので 早朝レッスンは
得意なのですが、
娘達を 朝5時に起こすのは 一苦労。
・・・と思っていたら、
なんと 4時半から起きてくれました。
よっぽど アイススケートがやりたかったのでしょう。

さてさて、
私は、アイススケートが苦手です。
ガクガク、つるっぺたん でしょう。
あ、間違えないでくださいね。
入歯ガクガク 
頭つるっぺたんじゃないですから。
(かなり失礼しました バコッ 
自分で殴っておきました!)
寒くてガクガク、氷がすべって つるっ
です。
このために、靴下屋で 厚手の靴下を
購入してしまいました。
靴下の購入は、3年ぶりです。
私は めったに靴下をはかないんです。
バーゲンで30 OFF。
いやあ バーゲンはいいですねえ。
バーゲンの話は長くなるのでこの次にでも。

膝まである黒い厚手の靴下を
家ではいてみたら、
娘達に
「ママ、女子高生みたい~」 と
言われて、ちょっといい気になっています♪
足だけ見たら、まだ女子高生でも
いけるかもしれません(言い過ぎました バコッ

教室は、子供用と大人用にリンクが
分けられていて、
私のかっこわるい姿は娘達に見せなくて
すみました。
両手をおへその高さに斜め前につきだして
足踏みをするんです。
まるで私は長老ペンギン。
きっと娘達なら かわいいのでしょけど。

同じクラスに 実家がエベレストに近いという
外人のママさんがいました。
でもアイススケートは初めてだったようで、
よく転んでいました。
外人の方は、習い事も楽しんでいらっしゃる。
転んでも 高笑い~
他の日本人の人は、みんな転ばないように
必死な顔をして滑るので、
人生に行き詰まった人の集まりかと
思ってしまいそうです。

どういうわけか、その外人ママは、
私に声をかけてきて、
「ナ、カナカ~ウマク、イ、カナ~イ」
と言っていました。
そして、転びそうになると
私の手をつかもうと・・・
きゃ~やめて~
私だって、かなりまずいのよ、と
内心思いながら 
つかまれないように、
なにげな~く逃げちゃったりして。

冷たい?
私だって、荒川静香さんのように
滑ることができれば、外人ママの
一人や二人 肩に乗せて
スイスイいっちゃいますけど
なんせ、私も超初心者ですから。
外人ママと手をつないで 
二人で転んで 高笑い~ができる
ほど余裕がなくって。
私も今朝で 眉間のしわが増えたような。

来週の課題は、人生に行き詰まった顔を
せずに滑ること!

それと もう一足 女子高生ソックスを
買っちゃおうかなあ~ (^_^)v


| | - | 11:14 | トラックバック |



 金銀赤白

2008年01月05日

おはようございま~す!!
今朝は 寒いです。

昨日4日は、仕事始めでしたが
みなさんは いかがお過ごしでしたか。
来週になると 我が家も子供達の
幼稚園や学校がはじまり、
またいつもの日常生活が戻ってきますが、
うれしい~の反面、面倒~ という気持ちも。

日中、一人になれる時間があるということは
うれしいことなんですが、
毎日、決まった時間に子供を起こして
朝食を作ったり、支度をさせたり というのが
結構 面倒なものです。
ただいま、瞬間母親ランキングが下落中です!

さて、今年は 娘達にも手帳を買ってあげることにしました。
実をいうと 私自らの提案ではなく
娘達が ママだけずるい~ と だだをこねたので
しかたなくというのが本音です。
ただいま 瞬間母親ランキングがさらに下落!

そこで 親子で電車に乗って 街に出まして
デパートで 手帳を買いました。
私は、ごくごく普通の薄めの赤い皮ちっくの手帳
(皮ちっくというのが微妙です)

長女は、シルバーのきらきらミニ手帳。
次女は、ゴールドのきらきらティンカーベル手帳。
次女の手帳が一番高かったんです~(涙)

今年のラッキーカラーは、金 銀 赤 白

私が そうつぶやいていたのを聞いていたんですねえ。
娘達は、買ってきた手帳を家で見せびらかしながら
「今年のラッキーカラーの 銀色よ」
「私は 金色!」
と言い合って、最後には けんかになっていました。
こんなとき、
「けんかはやめなさい。仲良くしなさい」と 中に入るのが
母親なんでしょうが、私の場合は、
「そんな中途半端なけんかじゃ 女子プロになれないじゃない」
と言うんです。
そうすると 「女子プロになりたくな~い」と言って
けんかが終わっちゃうんですよねえ。
な~んだ つまんない
ただいま 瞬間母親ランキングがマイナスに入りました!

昨晩は、食卓で 娘達と新しい手帳に スケジュールを
書き込んで夜を過ごしました。
「えーと ママの誕生日は。。。」
えっ、覚えてないの?
「いつから小学校はじまるの?」
えっ、7日だっけ、8日だっけ
「ママ、覚えてないの?」
というようなやり取りをしていたので
すっかり、幼稚園と小学校のスケジュールが
ばっちり頭の中に入りました。
親子で ほのぼのとした時間を過ごせました。
ただいま瞬間母親ランキング多少上昇中!

「今度の日曜日は、お正月最後のお休みだから
遊園地に連れてってね。」
と、次女が手帳に書き込もうとしたので
「だめだめ、その日は新年会で飲むんだから~」
と言うと 
の み か い と 書こうと
するんですよ。
「そんなこと書いたら ずっと証拠として残っちゃうじゃない」
ただいま瞬間母親ランキング急降下中!

昨日のランキングに反省しまして、明日から
良い母親になれるよう 多少努力してみよう(^_^;)


| | - | 03:54 | トラックバック |



 あけましておめでとうございます

2008年01月02日

あけましておめでとうございます。
昨年は、多くのみなさまの応援を
いただきまして、著書を2冊、DVDを3つ、
出版することができました。
本当に ありがとうございました。
本年も どうぞよろしくお願いいたします。

        <(_ _)>

さて、例年ですと、元旦にパソコンを立ち上げて
仕事をしておりました。
正確にいえば、大晦日から元旦にかけて、
そして、三が日と 多少なりとも
仕事をする時間をとっておりました。
なぜかというと、元旦にとった行動は、
その一年を表すということを 小さい頃から
言われていたので、
元旦に なまけていると 一年中
だらだらと何もしないで終わってしまうような
気がしていたからです。

今年は、元旦は 仕事をしませんでした。
のんびり おせちをいただき
子供達と ごろごろしていました。

昨年まで、元旦に仕事をしていたように
いろいろなことで、ジンクスを持っていました。
時計と指輪をしないと 外出しない。
野良猫が 自分の前を横切ろうとしたら
横切る前に猫の前に走っていく。
仕事をする時は、ピアスをする。
まだまだあるのですが、こんな具合に
ジンクスにしばられて生活をしていたんです。

だってね、時計と指輪をしていなかった時に
交通事故にあっちゃったんですから。
猫に横切られた日に、
大切なものを落としちゃったんですから。
仕事の打ち合わせの時、ピアスをしていなかったら
耳の穴から大事なことを聞き漏らしちゃったんですから。
右から左へ受け流す~ってわけじゃなかったのに。
これで、大失敗しちゃったんですよねえ。

たった1回の失敗や悪い出来事のために
ずっと、自分の中でジンクスを作って、
守り通してきたわけです。
だけど、仕事がうまくいった時も
よく考えたら、ジンクスに守られていたからって
ことでもないんですよね。
毎日、交通事故に遭わないのは、
時計や指輪のおかげじゃなくて、
自分が気をつけているからなんですね。

そんなこと 本当はとっくにわかっていたんですけど
どうしても、過去の恐怖から逃れられなくて
ジンクスを持ち続けていたんです。

今年は、そのジンクスを捨てることにしました。
だから、今年は 元旦にパソコンを立ち上げずに
仕事をしないで のんびりお正月らしく
過ごしてみました。
今年は、ジンクスを信じるんじゃなくて、
自分自身の努力や能力を信じることにしました。

こうなったらいいなあ~ と 招き猫に願うだけじゃなくて
こんなふうにがんばってみます!と 自分に
誓うことにしました。

さーて、ジンクスをすっぱり捨てて
はじまった2008年、どうなるかなあ。
今年の終わりに、「やっぱりジンクスを信じていれば
よかったわ~」と弱音を吐かないよう 
新しい自分に生まれ変わってがんばってみようと思います。

みなさんは、どんな一年にしようと思っていますか?

このブログを読んでくれたみなさんが
自信を持って前向きに幸せに過ごしていただけることを
心より願っています。

| | - | 10:05 | トラックバック |


 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.