山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2008年02月11日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 最近という感覚 | メイン | どうやって?? »


 親の品格

2008年02月11日

♪☆♪☆♪ お知らせ ♪☆♪☆♪

メルマガが 携帯メルマガに変わります!
詳しくは 5日のブログを見てね!

ご登録に関しては あらためてお知らせいたします

===================

『親の品格』 を読んでみました。

泣きやまないからといって
子供の言うことを聞いてはいけない、ということが
書いてありました。
確かに、スーパーで 床にゴロゴロして
お菓子を買って~とねだっている子供を見ると
そばでおかあさんは、とても叱るか
わかったから、買ってあげるから、静かにしなさい、と
言うかのどちらかが多いように思えます。

我が家の長女は、物わかりがいいというより
床に転がることや 手をつけることを
きたない、と言って嫌がっていましたから
一度も お菓子のために 床に転がることは
ありませんでした。
しかし、次女は、お菓子のためなら
床だって、道路だって転がるタイプです。

私も次女が2才になる前ぐらいの時に
一、二度 スーパーの床でゴロゴロされ
泣かれたことがあります。
私は あまり大声で叱るということをしないので
「洋服汚れちゃうよ」
と言ってみたのですが、
泣き声は大きくなるばかり。
「泣いても 買わないよ」と言うと
さらに ゴロゴロの回転数が上がってきたのを
今でも覚えています。

でも、とりあえず次女の行動を見ていることに
したんです。
いつかは あきらめるんじゃないかなって。
さすがに10分以上も床に転がっていたのを
気の毒に思った知らない おばあちゃんが
「あらあらかわいそうに」
と 次女を起こしてくれたんです。
なんとなくその場はおさまって
次女も泣きやみましたが、
結局 お菓子を買わなかったんです。

それ以来、次女は 床ゴロゴロを
やめたみたいです。
服はよごれるし、体力は使うし
いろいろな人に見られちゃうし、
それで お菓子も買ってくれないんじゃ
あわないなあ~
なんてことは思わないでしょうけど、
私には こういう方法は無駄だって
ことを なんとなくわかっちゃったんでしょう。

次女は 勝手に 買い物かごに 
お菓子を入れる作戦に変更したようです。
時々、気づかないで レジでお金を払う時に
あっ と思うことがあります。

こういう時、私は そのお菓子をぬいてください、
って なかなか言えないんですよね。
でも、その変わり、長女が
「お菓子は 一個でしょ!」 と 次女を
叱るんです。
さっすが~ もっと言ってやれ~
と 母親らしからぬことを心の中でつぶやきます。

私には とうてい 親の品格というような
本は書けないなあ、と思います。
たぶん、親の失格 だったら いけるかな。

そういえば、親の品格の中に
小さい頃から 子供に お手伝いをしたら
それに対して 報酬としてお金をあげるのが
いいと書いてありました。
我が家では、2才から貯金箱を与えて、
お手伝いをしたら 報酬を与えるということを
4才ぐらいからはじめていました。
しかし、これがいいのか悪いのか 
とまどうようなこともあったのですが、
賛成の意見を知って、そんな間違いでも
ないのかなあ、と ほっとしています。

このことは、人それぞれ意見があると思うので
いいか、悪いかは わかりませんが、
先日、ちょっと うれしい言葉を聞きました。
長女の貯金箱には、祖母からもらった
お年玉のお札と お手伝いをした報酬の
小銭が入っているんですが、
次女に いばっているわけです。
「私の方が 小銭がいっぱい入ってるんだよ」
すると、次女が
「わたしは、お札だっていっぱい入ってるもん」
と言うと
長女は
「小銭がいっぱいってことは いっぱいお手伝いを
したってことだもん。」
と答えていました。

たくさんお手伝いをしたことを誇らしげに言っている
長女を見て うれしく思ったんです。
何もしないで ポンとお札をプレゼントされて
それはそれで 嬉しいかもしれないけれど
お手伝いをして得た小銭をすごいって思えるなんて
いいなあ、って。

我が家の親の品格は いまいちな評価ですが
長女の品格は がんばってるで賞、ぐらいは
いけるかも。
え、次女ですか・・・・ う~ん
よく食べるで賞かな。

女性の品格が よくメディアでも紹介されていますが
私は 親の品格を楽しく読ませていただきました。
もちろん、女性の品格も ためになりますよ。
私が気に入ったところは
独りのときを美しく過ごす という話

「誰も見ていないからと外見にかまわないのは
自殺行為です。」 という表現がよかったですね。
この本は、教科書のようなことが述べてありそうですけど
こういった 結構過激な表現もあって面白かったです。

昨日は、誰にも会わないだろうと お化粧もしないで
ぼさぼさな髪で 隣駅まで電車に乗ってしまったんです。
さすがに長女にも
「ママ、お化粧もしないで大丈夫?」
と言われてしまいましたが
「誰にも会わないわよ。さささっと買って帰ってくれば
大丈夫よ」 と答えたのですが、
帰りの電車で 運悪く 長女が幼稚園の時に
一緒だった親子に会ってしまったんでうs。
そのママが とっても美しくって。
本に書いてあるとおり、自殺行為でした~!!

| | - | 2008年02月11日 04:23 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/507






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.