山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2008年02月23日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« ピラピラ | メイン | DS »


 他人の影響

2008年02月23日

 ミニマグ(携帯メルマガ)は まだテスト配信中よ~♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は 一人っ子で育ったせいか
どちらかというと マイペースな性格だと思っています。
幼い頃 兄弟に影響されることもないので、
好きなことを勝手にやっていた・・・という感じです。

大人になっても性格はそのままで
あまり、他人のことが気にならない・・・・いやあ
気になるけど、まっいっか、と思うようです。
流行の服を着たいという気持ちも あんまりないし
みんなが こういう習い事をしているから 私も~!!と
いうこともないのです。

そんな私が 昨年から 他人の影響を受けて
本を読むようになってきました。
最初は、電車に長時間乗る時に 読むようになって
今では、家に帰っても 本を読む時間を作りたいなあ~と
夜中に こっそり枕元のスタンドをつけて読んでみたり。

昔は、本に書いてあることは 
自分が興味を持つものばかりじゃないし
他人が すでに行ったり 考えてしまったことだから
読んでも つまらない と思っていました。
自分の読みたい本は、自分で書きたいと
考えていました。

しかし、いろんなジャンルの本を読んでみると
なかなか良いことが書いてあるわけです。
推理小説好きの私は、このジャンルはけっこう
昔も読んでいたんです。
でも、ビジネス書や 自己啓発、恋愛小説などは
興味がもてなかったんですね。

それが 読んで見るものだなあ~ と思いました。
結局 自分は 今までの環境の中で知りうる情報を
参考にして考えているだけですよね。
本当は、もっと広い世界で考えなくてはならないのに
小さな自分の世界の中だけで満足しちゃっているのです。

ところが ちょっと外の世界に出てみると
はじめてみるものも多く、ドキドキわくわく
また新たに感じることがあるわけです。
これって、きっと当たり前のことで、
多くの皆さんは、知っていたに違いないのですが
どうして私は あまり気づかなかったのでしょうね。

まだまだ本を読む数は、他の人より少ないかもしれませんが
今は、履歴書の趣味の欄に 読書 と書いてもいいぐらいに
読むのが大好きになってきました。

さて、どうして急に本を読むのが好きになったかというと
それは 会社のスタッフの影響だと思うのです。
とてもよく本を読んでいるスタッフがいるのですが、
まあ これまでどれくらい読んだのかは 実際のところ
知らないのですが、一ヶ月間に最低でも20冊は
読んでいるんじゃないかなあ、と思うのです。
さらに、専門誌も読んで、インターネットでも情報を得て
いるので、相当の知識量だと思います。

このスタッフに 「○○知ってる?」 と尋ねると
「ああ、あれに書いてありましたよ」と すぐに答えが返ってくる。
そして、楽しそうに その内容を教えてくれるんです。
そう、楽しそうに
だから、くやしくなっちゃったんです。
本を読んで すぐに楽しいという気持ちが湧いてくるんだったら
私も 人を通してじゃなくて、本から直接 楽しさを
もらいたいなあ~って思ったんです。

そして 最近では 「この本読んだ?」って聞いてみた時に
「いえ、タイトルだけは知ってます」と 言われると
すっごく嬉しくなって、今までしてくれたように
本の内容を教えてあげちゃうんです。
本から直接受けた楽しさを 他人に話しながら
二度楽しさを味わう。
これって、グリコのキャラメルみたいでしょ。

他人のことばかりが気になって、
何かと影響を受けてばかりもなんですが、
他人から影響を受けて良いものも たくさんあるようです。
本を読む影響は、私にとって とても良い影響でした。

昨日読んだ本には、私の意見と反対のことが書いてありました。
私は、成功したいのなら、今の自分を越えなくてはいけないと
思っているのです。
だって、今のままでもよければ、とっくに成功しているはずだから。
ですから、何か目標を持って実行しようと思った時には、
最終的に120%力を出すことにしているんです。
限界を超えなければ、成功できる自分にならない!ってね。

ところが、昨日の本は、限界は超えられないっていうんです。
人には 器があって、どんなにがんばろう、と思っても
その精神力だけでは 実際には越えられないって。
だから、今行っていることから 何かを排除して
その排除した隙間に 何かやりたいと思っていることを
行う時間や労力にしないとね・・・ という話でした。

なるほど~と思いました。

器かあ~ そういう考えもあるなあと。

その本では、24時間は 誰もが24時間なんだから
何かやるには、いつも使っている24時間から
何かぬかないとできないでしょって。
たとえば、テレビを見るのをやめるとか。

私は、かなり強引で、24時間は 26時間あると
思えばいい、っていう考えなんです。
24時間しかないからできないのなら、
人より2時間早起きして 26時間あると思えばいい、って。
実際に 育児をしながら、株式投資や執筆の仕事が
できているのは 早起きのおかげだと思っています。

しかし、もしかしたら、その考え方は私だけが
そう思っているだけで、
実際には 何かを排除しているのかもしれません。
私にも器が決まっていて、本当はやるべきことが
あるのに、それを抜いてしまっているのかな。
あ~!!わかった 
手抜きの家事のことだ。
そして手抜き育児だ!
そうなんです。
私は、26時間あると思っているのですが、
実は、結構 手抜きもしているんですよね。

こんなふうに 他人の書いた考えを
自分の考えと比較できるのも読書の楽しさですね。
これからは、他人の良い影響を受けて
もっと視野の広い人間になっていけたらなあ~と
思っています。

う~ん もっと若いうちに こういう考えができてたら
よかったのに~


| | - | 2008年02月23日 04:43 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/510






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.