山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2008年03月31日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 梅 桜 ヒヤシンス | メイン | やっとつながりました(ホッ) »


 感謝の会

2008年03月31日

♪♪♪ お知らせ ♪♪♪
有料メルマガは、4月から。
会員募集と詳細については
マスターインベスターをごらんください。
株と為替で資産を増やしたい方へ
私の方法をフレッシュな情報として
お伝えいたします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


昨日、日曜日に、大学を退職する恩師の感謝の会が
ありました。
この恩師というのが、たびたび私の著書にも出てくる
人生のターニングポイントには欠かせない
重要人物なのです。
だいぶご無沙汰していて
少しは 歳をとったかなあ、と思っていましたが、
ほとんど変わらぬ若さ・・・
いやあ、本当に ヤング~
(最近、このネタが多いんです)

さて、恩師を囲むとなると これまで恩師に
世話になった各年代の学生達。
同窓会と違って、同じ歳はまずいないわけです。
当たり前ですけど。
昨年、卒業したての人から、うん十年前に
卒業した人まで 幅広い層でそろっているんです。
年齢を公表していない私も さすがに
○期卒業生、なんて紹介されちゃうものですから
年齢もバレバレでして・・・(キャ~)

しかし、恩師を前にすると 私達は
いくつになっても学生で、昨日は、
すっかり大人になった私達も、
昔のように学生気分に浸って
ワイワイガヤガヤと話しまくって、笑いまくりました。

最近は、出版社の方から
山本先生、と言われることも多く、
ちょっと恥ずかしいなあ、と打ち合わせの喫茶店で
思うこともあるのですが、
学生時代の私は、もちろん「山本」という名字でも
ありませんし、名前で呼ばれていましたから
昨日もそのまま、先輩達には「ゆかちゃん」
後輩達には「ゆかさん」と呼ばれて
ここちよい時間が過ごせました。

恩師は、私が研究者になりたいと思った原因そのもので
その頃 教わった「失敗しても失敗したことがわかって
よかった」という考え方のおかげで、
私は今の自分があるように思っています。
失敗したことを長時間引きずって悩んだり、
落ち込んで、前に進めなかったら
私は、自分のやりたかったことの10分の1も
できていなかったと思うのです。
それに、難しい研究を口笛を吹きながら
楽しそうに行っている恩師を見て、
私も、自分の好きなことを一生懸命やっていこう、
と思ったものです。
好きなことは、難しくてもがんばれますしね。

残念ながら、その教えや考え方は
私だけが独り占めできるものではなく、
恩師についた卒論生は、みんな同じようなことを
言っていました。
だからなんでしょう。
この恩師に教わった卒論生達は、さまざまな分野で
とても活躍しているのです。
そして、みんなが気持ちを楽に持って
いろんなことにチャレンジしていました。

その中のある先輩が昔、会を開いたことがあって、
私も若い時に参加したのですが、
その先輩が、「私の自慢は、同級生に
斉藤孝さんと後輩にゆかちゃんがいること」と
言ってくれました。
斉藤孝さんは、本をたくさん書いている有名な
人ですが、私も斉藤さんには及びませんが、
先輩が自慢だと言ってくれて 
ちょっと恥ずかしいやらうれしいやら。

しかし、もっと驚いたことに、
私が参加したその会にいたある男性が
先日、江戸川乱歩賞を受賞したとか。
「すごいなあ、いいなあ」
私は、何度も言ってしまいました。
だって、私もその賞を何度も狙っていたんですから。
いえいえ、今でも 時間があれば
何度でも狙っちゃうつもりですけどね。

もうこれからは、母校に行っても
恩師の姿が見えないのかあ、と思うと
寂しいですね。
仕事は違いますが、私は少しだけ
恩師のような生き方を真似ています。

自分の経歴や肩書きにこだわらずに
自分のやりたいことを追求していくこと。
誰になんと言われても、自分のことは
自分で決めて、行動に移すこと。
どんな高学歴の人を前にしても
どんなに世間で偉いと言われている人を
前にしても、自分の研究は、自分自身が
最もよく知っていることで、自信を持って
発表すればいいということ。
私の場合は、考え方や方法を書籍に
することになりますが。
そして、実力のある者だけが
自分の望むようなことができるから、
そのために、努力をおしまず勉強や
追求し続けること。

真似したいと思う大人が、実際に
自分の近くにいたことに本当に感謝です。
でもね、こう書くと とっても偉大な
イメージしかないでしょう。
実は、真似できない部分もありまして・・・

たとえば、正しい香水の嗅ぎ方とは
女性をガシッとつかみ首筋に鼻を近づけ
思いっきり吸う、だとか
女のイヤは、イイっていう意味だということを
覚えておけ、という考え方だとか・・・
女は、ズボンはだめ、ストッキングに
ハイヒールで大学に来い!とか・・・
う~ん、今まで書いた偉大なイメージが
ガラガラドッシャーン、グシャ、と
なっちゃったでしょう。
「先生だと、どういうわけかセクハラに
ならないんだよねえ~」
同じことを他の先生がしたら、とっくに
訴えられそうだよね、と笑っちゃいました。
きっとそれは恩師の人徳なんでしょうね。

今日は、昨日の余韻に浸っている・・・
はずだったのですが、
春休みということもあり、娘の友人達が
遊びに来ていまして、朝から、大騒ぎ。
「ゆかちゃん」と呼ばれた昨日も
今日は、「マーマー、おやつ~」ですからね。
年に一度くらいは、かわいい後輩のゆかちゃん
になりたいですよねえ
(かわいいは、勝手に自分でつけちゃいました)


| | - | 2008年03月31日 14:52 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/515






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.