山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2009年01月25日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« その手の話は×みたい | メイン | 山本有花のFXの授業4刷! »


 次の言葉が先に出る悩み

2009年01月25日

けっこう昔からの悩みなんですが、
2人の娘の名前を間違えちゃうんです。

Aちゃんを呼ぼうとすると Yちゃんを呼んじゃう
つまり、逆になっちゃうんですね。

それはよくあるったいったら あるかも・・・と
思われるでしょう。

でも、私の場合は ちょっと違っていて、
Aちゃんと一番関連するものが Yちゃんだからなんです。

???でしょう。

たとえば、コーヒーを飲みたいとしますよね。
私は、コーヒーにはミルクを入れて お砂糖は入れないんです。
「ミルクのお願い、それからお砂糖いれないで・・・」
と言ってしまうんです。

すきやきの場合も
「今日は久しぶりに しもにだネギにしようっか。」
「・・・・・・」
私からすると すきやきに一番関連性のあるものは
しもにだネギみたいなんです。

こんなふうに、言いたいことの次に関連する言葉が
先に出てしまうことが多かったので、
ある時、娘のアレルギーの内科のお医者さんに
聞いてみたんです。
そうしたら・・・
「疲れてるだけなんじゃないんですかあ。」
ですって。
コメントは そんだけ~?

まあ、昔から思ったことは頭の中が整理されて
いないうちから 口に出ちゃうタイプで
へんなことを言ってしまうこともあったので
そんなもんかなあ、とも思いますが。

こんな私が 新刊で自分のことをたなにあげて
書いているセリフがあります。

9784806130680%5B1%5D.IN01.jpg


そのセリフを書く前に どういう場面かという話を。

主な主人公は、伝説のカリスマトレーダーの
リリーさんと主人公の桜木モカちゃん(20歳)。
リリーさんに無理やり弟子にしてもらったモカちゃんが、
リリーさんに教わっているあるシーンの会話を。

「さて、モカの長所を教えてあげよう。
思ったことを実行する勇気があるってことだ。」
 リリーさんが言った。
「はい、あたし頭があんまりよくないから、
まずはやってみよう、って思っちゃうタイプです。」
「ハッハッハ、それなら今度からは、思ったことではなくて、
考えたことを実行するようにしなさい。」


 このシーンの会話には、FXで成功する
大切なことが2つ書いてあるんです。

 1つは、実行するという勇気。
 私のまわりでもFXをやってみたい・・・けど怖い、
でも儲けたい・・・でもリスクが・・・
と迷っている人を何人も見ます。

それが普通っていったら普通なんですけどね。
ある意味、慎重ってことですから
決して悪いことではないんですよね。 
だけど、やってみたいという気持ちが
最も優先するのならば、やっぱり実行する勇気を
もたないと、もったいないと思うんです。
どんなチャンスが待っているかわからないんですから。

その前に、FXの場合は、実行してみないと
儲かりませんが(笑)

もう一つの大切なことは、思ったとおりFXをやってみる
のではなく、考えたとおりにやってみるって
ことです。

思うのは勝手なんですけどね、
その思いは、本当に根拠のあるものなのか、ってことを
ちゃーんと考えてやってみよう、というのが
FXで成功する重要なことだと思うのです。

言葉の悩みから、いつの間にか FXの成功する重要ポイント
に話が変わってしまいましたが、
私の悩みも、思ったことではなく、
考えてから話せばいいんですよね。
疲れていると考えることが怠慢になっちゃうみたい。

・・・ということは、疲れがとれるおいしいものを
食べればいいんですね。

近所の中華料理屋さんの1万人目のお客に
私が偶然になって 上海ガニとふかひれステーキを
プレゼントされないかなあ。

またしても、思ったことを考えもせずに
書いてしまいました (;一_一)


| | - | 2009年01月25日 07:45 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/571






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.