山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2009年12月22日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 手帳 | メイン | ☆メリークリスマス☆ »


 冬至

2009年12月22日

☆☆    お礼   ☆☆
新刊 「日本一わかりやすい山本有花の
図解FX入門」の増刷が決定!
いつも応援してくださっているみなさん、
本当に ありがとうございます。
m(__)m  (^◇^) m(__)m 


%E6%9F%9A%E5%AD%90.JPG

冬至ですねぇ。


ゆず湯に入りました(^v^)
血行が良くなって風邪の予防にも
いいみたいです。

このゆず。

友人のご実家宅で収穫されたものなんです。
「ゆず湯にわざわざゆずを買うのはもったいないでしょ?
よかったらどうぞ(^v^)」とおすそわけしてもらったんです。

お家の庭に柚子の木があるなんてステキだなぁ…
きっと四季折々の風景が楽しめる庭なんだろうなぁ…なんて
うらやましく思っちゃいました。


かぼちゃもしっかり食べましたよ。


でもふと思ったのですが冬至になぜ
かぼちゃを食べてゆず湯に入るのかわからない!

早速調べてみました。

昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われていて、
その厄を払うために体を温め、無病息災を祈っていたそうです。


そこで野菜の少ない季節に栄養を補給するために
かぼちゃを食べたり、その香りに邪を祓う霊力があると
信じられている柚子のお風呂に入るなどして
夜を越していたようです。


今の時代は冬でも野菜は簡単に手に入るし、
温かい部屋の中で寒さを感じずに過ごせますよね。


まさか冬至が生命の終わりに近い時期だと
考えられていたなんて思いもしませんでした。
それだけ昔の人々の生活は1日1日が精いっぱい
だったんですね。。

さて、ゆず湯初体験だった子供達。
ただ浮かばせておくだけでは物足りない
らしくしっかりとしぼってくれました。
お陰で浴槽内は種と果肉だらけ~(>_<)
掃除が大変だわ~。。

| | - | 2009年12月22日 21:11 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/672






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.