山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2010年04月18日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 春は? | メイン


 新学期の憂鬱

2010年04月18日

4月も半ばを過ぎて、新学期・新生活と
少しずつリズムがとれてきたころでしょうか?

先日友人たちと子供たちの新学期について
話をしていたのですが…

とある友人は娘さんが入園。
年少さんになりました(^v^)

人生初の親元を離れての集団生活。
親としては心配していたそうなのですが
実際園生活が始まってみると。。


「今日は幼稚園、楽しかった?」との質問に

「たのしくなかった…だっておえかきできなかったんだもん」
と。


確かに集団生活となればお家で自由に遊んでいたことを
思えば好きなコトばかりはしてられませんよね。

次の日。

「きょうはおえかきしたよ」
という娘さんに

「よかったね~。お絵かきしたかったんだもんね」
と言うと


「でも、クレヨンでかきたかったのにいろえんぴつだった」
とまた不服そう。。

うーん。年少さんだというのに見事なご意見(笑)
お絵かきのツールまで自分の意見があるんですね。

さてさてこの娘さん。
これからもどんなボヤキが出てくるのか
私としては楽しみです(^◇^)


一方、小学2年生になった息子さんがいる
友人が言うには…

新学期よく耳にする登校前の
「お腹痛い…」状態が始まって気になって
いるそうです。

クラス替えはあったけれども仲良しの
お友達がいて安心しているようだったので
どうしてだろう…と心配に思っていたそうなのですが。

先日会った授業参観に行ってみて、
「もしや…」と思ったそうです。

授業の様子が1年生の時とは違いスピーディーで
緊張感が感じられたんだそうです。


1年生の時はどちらかというと
のんびり楽しく~♪とおおおらかな
感じの担任の先生だったので余計に
そう感じたと友人は言ってました。


母の勘としてはこの「授業」の雰囲気に
気の小さい我が子はうまくついていけず
「お腹痛い…」になっているのでは?と
思ったみたいです。

小学校も先生によって授業の進め方も違えば
宿題の量も違いますよね。


そういった違いに慣れていくのには子供なりに
大変なんですね。。

この子と同じクラスになった友人がいるのですが
その娘さんは1年生の時の担任の先生がわりと
厳しい方だったようで2年生になったら
「宿題が少なくて楽~!」と喜んでいるそう。

同じクラス・先生なのに以前の環境の違いで
今のモチベーションが全く変わってきちゃうんですね。

いずれにしてもきっと沢山の子たちや、人たちが
感じている新学期・新生活の憂鬱。

それが一歩前へ進むためのきっかけとなって
頑張ってほしいなぁと思ったのでした。

| | - | 2010年04月18日 22:35 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/726






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.