山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2010年05月06日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« とりあえず | メイン | 春の海 »


 子供の日

2010年05月06日

%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A


昨日は子供の日でしたね(^◇^)

ゴールデンウィーク最終日ということもあり
お家でのんびり過ごされた方も多かったのでは
ないでしょうか?


名前の通り子供の日ですから子供たちに
「何か食べたいものはある?」と
聞いてみると…


「カレー!!」


やっぱりカレーかぁ。聞くまでもなかったわ…と
思いながらもリクエストにお答えして我が家は
「子供の日カレー」でした。

あとは、鯉のぼりのおせんべいを頂いたので
それをパクパク(^v^)
かわいい鯉のぼりだったので思わず写真を撮っちゃいました。

鯉のぼりといえば、私の住んでいる地域では
毎年川辺に沢山の鯉のぼりが泳ぐんです。


川の両岸にワイヤーを渡して約1200匹の鯉のぼり
が空を泳いでいるんです。


昨日、友人がドライブがてらに見に行ったそうなのですが
それはそれは凄い人で車は大渋滞だったと言っていました。

でも、青空に色とりどりの鯉のぼりがゆらめく姿は
とてもキレイで子供たちも大喜びだったと。

毎年、見に行きたいなぁと思いながらも
「混んでたよ~」のコメントを多々聞いてしまうと
なかなか腰が上がらず(-_-)


いつかは見に行きたいと思います!

そもそも鯉のぼりは、人生という流れの中で
遭遇する難関を鯉のように突破してほしい…という
願いが込められていて古代中国の故事に由来するそうです。


日本では江戸時代に「鯉の滝登り」で
立身出世のシンボルとなった鯉を幟にするアイデアが
生まれたとのことです。

最近、出生率低下・少子化といわれてますね。

15歳未満の子供の数は昭和57年から29年連続で
減少しているそうです。


そんな少子化時代の子供たちにもどんな苦難も
鯉のように乗り越えていく力をつけて育っていって
ほしいなぁと思ったのでした。。

| | - | 2010年05月06日 21:34 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/733






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.