山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2011年03月05日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 1人で出来ること、行ける場所 | メイン | ホワイトデー 楽しみなのは娘だけ »


 ホルンのドは何の音?

2011年03月05日

有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお届け




娘は、小学校の吹奏楽団に入っているのですが、
私は、まったく吹奏楽というものを知らないんです。

娘が入団したので、いくつか覚えた楽器の名前もあります。
ホルン、チューバ、アルトサックス。。。。
1年経って、やっとトロンボーンの名前と楽器の姿が一致。
今まで、トロンボーンのことを 違う名前で呼んでいたほど。

無知っていうのは、気楽なんですけど、
自分が何かに対して無知だって知った時に、
気楽さから 気の毒さに変わってくるんですよね。

小学生の子供達が知っていることも 大人の私が
知らないだなんて~(;一_一)

娘は ホルンを吹いているのですが、
このホルンというものが またまたクセモノなんです。
(ホルンとは ぐるぐる巻貝みたいな楽器です)

最近知ったことなのですが、
五線譜の ドの位置にある音をホルンで吹くと
ドの音に聞こえないんですよ。

そこで、教えてもらっている先生に質問したら、
五線譜で ドをホルンでは、ピアノの音では
シのフラットの音になるっていうんです。

ドは、本当はドじゃなくて、シのフラット・・・?
さらに、F管のホルンだと ピアノでは ファの音なんですよ、
という回答。

えーーーー ということは、ホルンで ファの音を吹いたら
ピアノの音に直すと、ミのフラット?
あれ?あれ?
でも、F管とかいうホルンだと シの音?

書いている本人もよくわかっていないのですが
ホルンには、B管とF管があるのだそうです。

あ~ん 難しい。

娘が五線譜をよく読めないので、私が聞いてきて
教えてあげようかと思ったら、
私の固い頭では、混乱するばかり。

たぶん、ホルンのことを知らない人や
私のように吹奏楽に疎い人が今日のブログを
読んだら、何いってんのかわかんない、と言われそうですね。

吹奏楽って 結局ハーモニーなんですよね。
同じドという音符を吹くと、さまざまな楽器が
音をハモるように 楽器自体がそうできているみたいです。

大人になると、普段の生活で必要なことや
仕事で必要なことは勉強しますけれど、
他のことって、勉強しなくなりますよね。

特に仕事に疲れちゃうと、わざわざ他のことまで
勉強して新しい知識を頭にいれなくてもいいじゃん、みたいに
思ってしまうんですが、
そういうのって、つまらない人生になっちゃうのかも。

娘が吹いているホルンの音を聞いて楽しむだけでもいいのですが
自分自身が ホルンの知識や 音の良しあしを聞き分けることが
できたら、もっと違った意味で、楽しさが倍増すると思います。

娘が吹奏楽団の中で、ホルンを吹いていると 
地味な楽器だなあ、と思っていたんです。
それに、出番が少ないなあ、とも。

ところが、本当は違うらしいんです。
ホルンは、金管楽器と呼ばれるジャンルに入っているのですが
弦楽器や木管楽器とも合わせやすい
やわらかい音色なんだそうです。

ちょっと家で吹いている娘のホルンの音からは
想像しにくいんですが。。。。(@_@;)


ホルンは音色が多彩に変えられるので
作曲家にとって使いやすい楽器なんだそうです。
だから、オーケストラ―でも出番が多い楽器なんですって。

それを知って、親の私が嬉しくなっちゃいました。
もっと娘とホルンについて語ったり
ホルンの演奏について目標や夢で盛り上がれそうです。


話は変わりますが、↓の ラーメン、今、注文しようか
迷っているんです。
おいしのかなあ。写真では かなり美味しそうですよね~



| | - | 2011年03月05日 16:02 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/823






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.