山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2011年06月16日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 山本有花のFX~おしえちゃいます! | メイン | ビーチバレー大会優勝!! »


 夏祭りの準備

2011年06月16日




ダイエットしていることを内緒にできちゃう!ストレス知らず!

飽きちゃう心配もゼロ!リバウンドの怖さも吹っ飛んじゃう!

娘が入っている子供会は、
子供達が喜ぶようなイベントを計画したり、
地域の自治会が行うイベントに一緒に参加したり、
1年中、地域の人と関わり合うことが多くなります。

娘は、そのイベントを楽しみしていて、
私も昨年までは、それを嬉しく思っていました。
ところが今年は、長女の学年のお母さんが、
子供会の役員をやる順番になり、
イベントへ「いってらっしゃ~い」と送り出すだけではなく、
イベントを計画して、イベントを開催する側になったのです。

梅雨時期があければ、夏。
そう、もうイベントの準備は、夏祭りなのです。

昨晩は、夏祭りの会場を飾る、花作りを手伝いました。
超ぶきような私としては・・・(;一_一) という感じなのですが。

いろとりどりの花紙を三枚使って、真ん中に楊枝で
穴をあけ、そこに紙縒り(こより)を通す。
そして、クシュっと(うまく表現できな~い) 花のように
するんです。

そして、紙縒りと花をきっちり結ぶんです。
これがうまくいかないんですよ。
紙縒りって 字の通り、紙ですから、
力いっぱい結ぶと、紙縒りが切れちゃうんです。

でも、なんとかできました~ と言いたいところなんですが、
この花作り、いくら作っても まだまだ作って~と
言われちゃうんです。

いったい何個作ればいいの?と 隣の人に
小声で囁いたりして。。。。。

1時間以上も 休まず花を作り続けて わかったことは
竹の竿に、花を5個つけ、その竹の竿は、
200~300本作るんだとか。
200と300じゃ、ずいぶん違うじゃないかあ!!!

婦人会の年配の奥様方に聞こえちゃいました(@_@;)
「大きく違う?」

「いえ、まあ、あ、がんばります」 みたいな。

ここで、計算です。
300本の竹竿に花をつけるとしたら、
1500個の花を作るってことですよね、たぶん。

昨晩は、100本ぐらいの花付き竹竿を作って終了。
次回へ続く~です。

でも、家に帰ってきて 思ったのですが、
こうやって 地域の今まで知らなかった おばさん達
いえいえ 年配の奥様達と一緒に、夏祭りの準備を
しているのって けっこういいのかも。

娘達も一緒に手伝ったのですが、きっと、大人になって
ふと、この日のことを思い出すんじゃないかな。
梅雨になると、そろそろ夏祭りの準備だ、って。

私の母が言ってました。
四季折々のイベントを感じることが大事だって。
たとえば、おひなさま。
一緒に、子供と雛人形をかざりなさい、と言われました。
これって、面倒だから親がちゃちゃちゃ、っとやっては
いけないんですって。

ひな壇のどこに何の人形を飾るのかだとか、
どうして、桃の花なんだとか、
子供と話しながら、飾るのに意味があるんだとか。

夏祭りの準備も同じなんですよね。
年配の人と、私達の母親世代と、そして、その子供達が
三世代一緒になって、いろんな話をしながら
準備していくことに 意味があるんですよね。

次回の花作りも頑張ろうっと。


| | - | 2011年06月16日 10:04 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/838






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.