山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2011年07月15日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 夏祭りは 難問いっぱい | メイン | なでしこジャパン最高!! »


 牛肉セシウムについて考える

2011年07月15日



和牛の肉から基準値を超える放射性セシウムの検出されたことは
私達 子供を持つ親にとって 大きな打撃でした。

いつまでの牛肉が安全だったのか、
この間、牛肉食べたのはいつだったのか。。。。
でも、あの牛肉は どこ産だったのか まったく忘れてしまった。

あれこれ考えてしまいます。

でも、これって 牛肉だけじゃないのに~

海は、広いから 拡散されて大丈夫なんて、
誰かがテレビで言っていたけれど、
牛肉と同じで、生物濃縮を考えれば、魚も同じ。

それに、鶏肉はどうなんだろう、
豚肉はどうなんだろう?

いろいろと考えてしまうと 結局どれも怖くて
食べられなくなってしまいます。

だったら、すべての食品の放射性物質を測定して
価格の横にでも書いてくれればいいのに、と
思いますが、その想定機械を どこもかしこも
導入するのは 価格的にも難しいらしいのです。

日々、食事を作る立場として、食べ物のことは
悩まされますよね。
そして、今日の夕食も お肉にしようか、魚にしようか、
以前は、食事のメニューで悩まされていたのに、
今は、何を買ったらいいのかで悩まされています。

| | - | 2011年07月15日 10:01 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/843






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.