山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2012年03月08日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« カレー はまってるグシャジャガ | メイン | 「311」 »


 先生を流産させる会

2012年03月08日



あまりにも怖いタイトルです。
これは、5月に公開される映画のタイトル。

この映画で最も怖いと思ったことは、実話を
もとにしているということです。

妊娠した担任教員の給食に異物を入れるなど
いたずらとはいえない行動を中学生が起こすと
いう、本当に怖い内容です。

実際は、男子生徒だったらしいのですが、
映画では女子生徒に設定を変えているそうです。

この映画、私は、見たいようで、見たくない、
そんな気持ちです。
見たら、胸がきゅーっとしそう。

そして、娘たちにも 見せたくないかも。
高校生ぐらいになったらいいかな。
小学生の娘たちには、衝撃過ぎる内容だから。

集団になると異常な行動に理性がきかなくなる場合が
あると思いますが、
この映画の内容も そんな集団の行動を描いているのでは
ないかな、と思います。

この映画のような過激すぎるところまでいかなくても
日常で、集団行動によって、他人を傷つけることは
あるのかもしれません。

私は、子供の頃や学生時代は いじめはなかったように
記憶しているのですが、
大人になって、人間関係がいやだなあ、
と思った経験があります。

長いものにまかれる・・・みたいな雰囲気、
あれはいやですね。
強い人の意見に みんなが賛成しちゃう、って感じ。

もちろん、自分も意見が一致していればいいのですが。

集団というのは、怖いものです。
大人になっても、集団が自分の意思を曲げさせて
しまうことがあるのですから。

この映画が、そういう嫌な大人にならない
きっかけとなればいいですね。

| | - | 2012年03月08日 09:31 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/890






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.