山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2012年04月06日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 大野智主演ドラマ イチ押し | メイン | ボヴェ腕時計 164万3千円! »


 職業ジストニアとは

2012年04月06日



米米クラブのサックス奏者の持病の記事が
きっかけで、「職業ジストニア」とは何か?
という話題が、持ち上がっています。

以前、私の仕事関係の人が急に会社を辞めてしまった時に
ちらりと聞いた病名なのですが、
その時は、ふーんと聞き流してしまっていました。

この病気は、ある作業姿勢をとると
ふるえてしまったり、あるいは
痙攣といった深刻な病状になるらしいのです。

体が硬直してしまうのも、一種の職業ジストニアを
疑ってもいいらしいです。

そうなると、私も それかなあ。。。


ぐるなびデリバリー

私の場合は、それほど深刻だとは思わないのですが、
昔から、人前で話をしようと前に立つと、
耳鳴りがしちゃうのです。

マッサージ屋さんで、耳鳴りがするってことは、
耳の鼓膜まで凝っちゃっているんだね、
と言われたのですが、
もしかしたら、鼓膜が硬直しちゃうのかも
しれません。

だから、あんまり人前で話すのは 本当は
好きじゃないんです。

結婚する前は、学会や教壇で 大勢を前に
話をする機会が多かったのですが、
話をする前は、もうたいへん。

手のひらに 人  人  人 と3回書いて
飲み込んで、さらに、3回書いて飲み込んで・・・

人前に立つ直前まで飲み込みすぎて 
お腹一杯状態でした。

さらに、よけい緊張度が高まっちゃって 
逆効果だったりして。

たいてい、最初の挨拶は、ヴオーン ヴオーン
キーン、と耳鳴りで、何しゃべってるんだか
わからないほど。

でも、私の場合は、解決法があるのです。

マイクを手にして、歩き回りながら喋っているうちに
耳鳴りも 緊張も ほぐれてくるのです。

普段の私は、あまり緊張しているようには
見えないらしく、何にも悩みにでしょう~とか
いつも楽しそうでいいよねえ、と言われるのですが
本当の私は、緊張症で、あがり症。

さらに、どうやら職業ジストニアぎみだと思います。

職業ジストニアの症状は 明確になっていますが、
原因は よくわかっていないようです。
ですから、完治は難しいのかもしれませんけれど、
しっかり、現実を受け止めて、どうやったら
症状が出ない状況になるかを ゆっくりと考えながら
向き合っていくことがいいのかな、と思います。

私と同じ、硬直しちゃう人、
深刻になるより 前向きに明るく生活していきましょうね。

| | - | 2012年04月06日 09:41 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/899






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.