山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2012年10月26日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 橋本氏の会見を見ました | メイン | カナダ大地震と日本とボローニャのパン »


 地震予知に罪はあるのか

2012年10月26日



昨日は、日本でも久しぶりに震度5の地震がありましたが、
間隔が短かったので、よくわかりませんでしたが、
実は、震度5の地震が数分間に2度も続いていたのです。

今年の春ごろまでは、地震雲に とても神経質に
なっていたのですが、
昨日も 長い飛行機雲があって、
長時間見えていたのですけれども
地震への恐怖心がなかったので、気にしていませんでした。

でも、よくよく考えると、昨日は 上弦の月、そして飛行機雲。
地震速報を見てから、ああ、そうだったんだ、やっぱり。
と思いましたが、
どうも 地震に対する緊張感が薄れてきているのは
いけません。

以前は、地震予知のサイトも見ることがあったのですが
今では ぜんぜん見なくなりました。

でも、地震予知をするのも たいへんです。

イタリアの地震予知の研究をしている科学者が
2009年のラクイラ大地震を予知できず309人の
死亡者を出したことで、
過失致死容疑で懲役6年という審判がくだったのです。

これって どうなんでしょう。

科学的に地震を予知するのは無理なのではないかな、
と思うのです。

もちろん、当たることだってあると思いますが、
要は 当たる確率の問題。

懲役になる科学者は、著名な地質学者ということで、
たくさんの抗議もあるのだそうです。

こういう審判が正当化されてしまうと、
今後、地震予知に関する研究が表に出なくなってしまうのでは?

予知は予知と受け止めて、もしも、の時に備えて、
ひとりひとりが自己責任で 災害に備える、というのでは
だめなんでしょうか。

今は、正確な予知ができないとしても、
予知が正確でなかった理由をつきとめていけば
そのうち、正確さを増してくるのではないかな、と
思うのですが。

昨日のように 地震雲らしいものを見て、上弦の月の時は
地震が起きやすい、ということを思って
いざという時のための緊張感を忘れないように
しないといけないなあ、と思いました。

ビクビクしているのはよくないですが、
ある程度 大きな地震が来た時のことを
考えて、それに対応できる準備をしておく、というのは大事。

だから、科学者が示す地震予知も必要だと思います。

**********************

■FXを始めたいとお考えの方へ
【5DAY'S FX】
⇒ http://yamamotoyuka.com/url/mag_5days.html

■小額資金から始める簡単投資なら
【ステイブルバイナリー】
⇒ http://yamamotoyuka.com/url/mag_binary.html

| | - | 2012年10月26日 09:27 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/957






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.