山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2012年11月26日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« AKB大島優子さん悪の教典退場でもOK | メイン | SAWの続編が見たいような見たくないような »


 ナルト最終回は迫っている?

2012年11月26日

ずーーーーっと NARUTOだけは、
テレビで 録画までして欠かさずみている漫画です。

あんまり漫画って興味がないのですが、
ナルトは いいですよねえ。

友人が、ナルトよりワンピースのが面白いよ、と言っていたんですけど
私はナルト派。

ワンピースは手が伸びたり、よく理解できないのですが、
友人に言わせると、口から蛇ができたり、
2つ頭があったり、とても忍者どは思えず理解できないと
言われてしまいました。

まあ、確かに。

人間がチャクラを使えるだけ、ではとどまっていないですよね。

さてさて、私は、ナルトの最終回を悲しく思っているファンです。

できれば、ずっとナルトが続いてほしいのですが、
そうもいかないでしょうから、その現実は受け止めなきゃ。

それはさておいて、常々 理解不可能なことがナルトの
ストーリーにはあるのです。

テレビだけしか見ていないので、雑誌を読んでいる人は
すでに わかっているかもしれないけれど。

まず、トビは、何者?

テレビでは、トビはマダラと名乗っていたけど、
結局、本物のマダラが江戸転生で出てきていたから
トビは マダラではないはずでしょう。

ちまたでは、かかしの同期のオビトだっていう人が多いけど
やっぱりそうなのかしら。

オビトのビトを逆にしてトビ。
まあ、私が作者でも そんな感じで名前つけちゃうかも。

でも、どうしてオビトが 悪役のトビになったのかなあ。
オビトっていい人だったんじゃないのかしら?

それと最近テレビの方では出てこないサスケは、
ナルトと戦うのかなあ。

私は、サスケがトビと戦うナルトを助けて 死ぬと思います。

サスケには 生きてもらって ナルトやサクラとまた仲良く
暮らしてほしいけど、
さんざん、里をうらぎりまくって、悪いことをしてきたので
今更、里のほかのひとに受け入れてもらえないと
思うんです。

生きていた方が 残酷だから、作者も死ぬ方を選ぶんじゃないでしょうか。

結局、うちは の一族は オビトとサスケが最後で ほろびてしまう。

それで、ナルトが火影になるんだけど、サスケが自分の命を
助けてくれたから火影になって里を守ることができるんだ、と
里のみんなに言って、
みんなが来ている衣装の渦巻きの柄を買えて、うちはの紋に
渦巻きを加えた柄に変わって 永遠と着つづけられる・・・
ってん感じは どうでしょうか。

それにしても 本当に トビはオビトなのかしら。


もう一つ疑問は、九尾や 十尾なんですが、
私は、別の世界に行っちゃうじゃないかなあ、と思っています。

サスケが イザナミ? よくわからないけど
うちはに伝わる術で、尾獣が幸せになる次元に連れてっちゃう。
そして、もう尾獣を体内に持っている忍者がいなくなる、チャンチャン。
というのは、どうでしょうか。

・・・となると、尾獣とうまく共存している八尾のビーは?

もしかしたら、一緒に 別の世界に行っちゃうのかなあ。

そういえば、木の葉丸のことも忘れてはいけないですよね。

最後は、数十年後に 火影になった木の葉丸の後ろに
ナルトの顔が掘ってある石碑 で終わるのかしら。

または、小説の終わりにナルトが火影になったと書いてあって
それを木の葉丸が読んで 本を閉じて、おしまい、とか。

とにかく、もうすぐ ナルトは終わっちゃうんですね、きっと。

ものすごくさびしい~です。

あと一年ぐらいは やってほしいでーす。

| | - | 2012年11月26日 09:38 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/964






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.