山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 山本有花の株茶屋! > カブッチャ・ブログ > 2012年12月17日の記事

本を読まれた感想や、ご質問などがございましたら、こちらのブログへどんどん書き込んでくださいね。


« 今回も地震雲かな、と思う | メイン | あけまして おめでとうございます。 »


 茨木沖地震に ひやり

2012年12月17日

14日のブログに、地震雲の写真を掲載しましたが、
15日に 震度4の地震が2回来て ひやり、としました。

福島沖が来て、茨木沖が来て、次は、千葉かな。。。。なんて
だんだん、我が家に近づいてくるような気がして
ビクビクしていましたが、
運よく、そのあとは、静かな状態でした。

でも、やっぱり 地震雲って 地震と関連しているのかなあ、と
いう思いが強くなりました。

新月というのも よく地震が起きやすいといいますよね。

引力とか、雲とか、自然のものが すべて影響されているのかもしれません。

この自然というキーワードで 最近気になるのが 太陽フレア。

どうして、太陽が気になったかというと、
先日、震度5の地震があった時、震源地が10キロの深さだったことを
知ったからなんです。

10キロって、いろんな地震を比べてみると
けっこう浅いと思うんですよね。

それで、ある地震詳しい人が言うんです。
10キロ以下って太陽地震だよ、と。

太陽といえば、地球に大きな影響を与えているのは
なんとなくわかります。

確かに、与える影響は地震にもかかわっていてもおかしくないのです。

太陽の黒点活動が盛んになると、太陽風となるフレア活動が
活発になるというのです。

普段もフレア活動はあるのですが、昨年の3.11の大地震の時は
普段の5倍の活動だったとか。


素人的に考えると、地震は地面が動くので、地殻変動だと思ってしまいますが、
地球全体を考えると 宇宙に浮かんでいるわけで、
宇宙の影響を受けても おかしくないのは納得できます。

私は、地震雲節を 信じているのですが、
それは、電磁波や磁場の影響を雲が受けるからだと思っているからです。

しかし、よくよく考えてみると、地球自身が磁気を帯びているのだから、
太陽の活動によって、地球の磁気が大暴れすることだって
ありうるわけです。

今後は、地震雲と太陽フレアの活発度を見ながら
大きな地震対策の緊張と備えをしていきたいと思います。

ちなみに、今日の太陽フレア活発度は 静かなようです。


| | - | 2012年12月17日 10:02 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/970






 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.