世界経済フォーラム(WEF)って何?

メルマガ写真用

今月22日から25日に

世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開催。

 

FXトレードなどをしている人は、

こういったスケジュールもチェックしていると思います。

 

ですが・・・

 

これって何の会?

 

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

 まず、この会を知るためには、

 

開催目的を理解しておくといいと思います。

 

 

ちょっと堅い説明ですが

 

グローバルかつ地域的な

経済問題に取り組むために、

政治、経済、学術等の各分野における

指導者層の交流促進を目的とした

独立・非営利団体なのです。

 主な活動は、年次総会、地域サミット、一般会合など

年間を通して実施されるフォーラムの開催です。

 

誰がお金を出しているの?

 

フォーラムを開催するには、

 

かなりお金がかかるはず。

まさか、参加国の税金とか?

 

ええっ!!

税金?

 

いえいえ 違います。

 

 

財源は、

世界各国の企業や団体からの寄付金です!

 

寄付金かあ 😛 

 

 

実は、この組織の運営は、

世界約1000の企業や団体で

構成される法人会員によって行われています。

 

毎年1月は、

スイスのダボスで開催されるんです。

 

あー

ダボス会議って聞いたことある!

って思ったでしょう。

 

そう、ダボスって

スイスにあるダボスのことだったんです。

 

メルマガ写真用

 

1月下旬が恒例です。

 

なぜ、ダボスフォーラムが注目されるのでしょうか?

それは、

幅広い分野のビジネス・リーダーや

政府・国際機関のリーダー

メディア・リーダーなど

参加者がリーダーざんまいだからです。

 

さらに著名な学者や

各国の要人も参加!

 

幅広いジャンルの人達が集まるので

偏った意見ではないというのも

注目ポイントですね。

 

今回は、

第一に、貿易摩擦について

第二に、世界景気減速について

 

これらの意見に注目をしています。

 

あまりにも悲壮感ただよう発言が多ければ

円高傾向が強まると予想しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る