ノラ猫に、どうも!

猫

毎朝、娘たちは、

1時間ぐらいの時間差で学校に出かける。

 

朝ごはんも、もちろん1時間違う。

 

一緒に食べてくれたらどんなに楽だろう。

 

朝だけで2回も朝食作ってんだよ。

 

どう思ってるの?

 

心の中でボソっ。

 

見送りは、玄関の外まで。

 

10メートル先の曲がり角に差し掛かるところで

もう一度手を振る。

 

そして手を振りかえす姿を見て家に入る。

 

時々、手を振りかえさないこともある。

 

でも、私は手を振る。

 

もしかしたら、これが最後になっちゃうかも。

 

そう思って、最後の思い出に

娘たちが後悔しないように。

 

手を振る姿を隣家の倉庫の上に寝そべっている

ノラ猫が薄目を開けて見ている。

 

どうも!

 

今日も、ふてぶてしい顔。

 

猫

 

ノラ猫なのに、毎日同じ時間に挨拶をする仲。

 

明日もノラ猫に どうも!と言えたら

それが幸せの証拠。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る