今どきの「賢者の贈り物」

メルカリ

オー・ヘンリーの短編小説

「賢者の贈り物」は

私の中では、

1位、2位を争うぐらい大好きな話。

 

内容をざっくり・・・

 

とても貧しい夫婦がいました。

クリスマスプレゼントを買うお金がないので夫は、

祖父と父から受け継いだ金の懐中時計を売って

お金を作ります。

妻は、自慢の美しい髪を売り、お金を作ります。

 

クリスマスの日、

夫が妻の欲しがっていた鼈甲のくしをプレゼント。

 

それに対して、妻は、

夫が大事にしている金時計をつるすプラチナの鎖をプレゼント。

 

でも、お互い、時計を売り、髪を売ってしまったので、

プレゼントされたものは役に立たないわけです。

 

愚かなプレゼント交換のように思えますが、

最も賢明で思いやりのある行為

だと締めくくられている小説です。

 

この「賢者の贈り物」の話を

最近、無駄遣いばかりしている次女に話ました。

 

お金なんてなくても

思いやりを持つことが一番大事なの

 

そう言うと、娘が一言。

 

「もったいないから

メルカリで売ればいいのに」

 

メルカリ

 

***************

貧しい夫婦は、

お互いのプレゼントをメルカリで

高額売却しましたとさ

***************

 

こんな「賢者の贈り物」はいやだーー

 

 

★メルマガは毎週発行しています!

山本有花@投資ざんまいメルマガの登録は ⇒こちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る