核持てば未来の経済ない

米朝

3月2日に「保守政治行動会議」(CPAC)が開かれ、

トランプ氏が演説した中で、

 

核持てば未来の経済ない

 

という言葉がありました。

 

大注目されていた米朝首脳会談が不調に終わったと

メディアは騒いでいますが、

はたして、本当に不調だったのか・・・

 

目に見える形では、そう見えるかもしれませんが、

目に見えないところで、

未来に希望が持てる進展があったのかも・・・

 

そう思いたいなあと。

 

米朝が非核化で合意できたら、

「北朝鮮の将来にはすてきで明るい経済が待っている」

しかし

「核兵器を持ったままでは未来の経済的展望は全くない」

 

トランプ氏の発言、実にわかりやすいです。

 

会談で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と

合意文書の署名に至らなかったけれど、

ついこの前まで、

ミサイルを打ち合うような仲だったわけですから、

そんなに早急にお互いの意見が合意するはずもないのでは?

とツッコミたくなります。

米朝

今までそっぽを向いていたのに、

急にクルリと向きを変えて

I believe in you.

と言っていたら、逆に怖い感じがします。

 

大きく意見が異なっていたのですから、

徐々に歩み寄っていく方が、安心できますね。

 

米国防総省が、米韓両軍が毎年春に実施する

二つの大規模な合同軍事演習を中止すると発表したことが

北朝鮮との緊張緩和のための措置だといわれていますから

次回の米朝首脳会談も それほど遠くはない時期に

行うのかもしれません。

 

 

★メルマガは毎週発行しています!

山本有花@投資ざんまいメルマガの登録は ⇒こちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る