無駄なロスカットとは

3月27日プチ

今回は、無駄なロスカットという説明をします。

 

たぶん、無駄なロスカットという言葉はないと思いますが、

勝手に命名してます。

 

以下のチャートは、

3月25日からのポンド円30分足チャートです。

3月27日プチ

 

チャート下の注文履歴を見るとわかるように

3月25日午前7時12分に

売りポジション(145円34銭)

を持ちました。

 

そして、決済注文は指値

144円37銭。

 

1円幅、

つまり100pipsぐらいとってやろう!

ということです。

 

かなり欲深いです。

 

予想通り下落し始めて

144円65銭付近までいったのですが、

その後、上昇してしまい、

さらにはポジションを持った価格を超えてしまった!

 

チャート上のニコちゃんマークではなく、

へこんでいるヘコちゃんマークの時点では、

 

えーーー

もっと下がらないのー

信じらんない。

ロスカット(損切り)じゃん。

 

普通なら、そんな気持ちになるかもしれませんが、

ここでロスカットはありえないでしょう

ということで

ロスカットはしません!

 

ここでのロスカットは、

無駄なロスカットになってしまいます。

 

なぜなら、

ポンド円は日足チャートでみると下げ相場だからです。

 

次のブログへ続く~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る