戦後初の10連休で何に注意するか?

チャート4種

戦後初の10連休が明日からスタートします!

 

何が起こるか分からないという不安で、

海外投資家も積極的に手を出せない状態です。

 

それはそうですよね。

 

人は、 “初”という言葉には弱いから。

 

良さそうなことなら

“初”に対しては積極的になる人もいます。

 

たとえば、 “初物を食べる”

寿命が長くなるとも言われるほどですから、

積極的に食べたくもなります。

 

しかし、良さそうなのか悪そうなのか

よくわからない場合は、

積極性は乏しくなります。

 

ゴールデンウィークに向けて、

ドル売り、ユーロ売り、ポンド売りの傾向は強くなっています。

チャート4種

ドル円は、25日の午前9時は112円付近を推移していましたが、

NYタイムに入った午後11時30分付近は

111円30銭台まで下げています。

 

本日もまた、積極的な外貨の買いはしにくいでしょうから、

下げる可能性はありますね。

そして株も同様。

 

したがって、10連休に向けて何に注意するかというと、

保有しているポジションは無しの状態で

連休を迎えた方がいいと思います。

 

連休明けがどうなるかもわからないですし。

 

しかし、短期的な見方をしていない人は

保有したままでもいいでしょう。

 

それは投資スタイルによって変わってきますので。

 

せめてスワップを支払わない方のポジションを

保有している方が悪い感じはしないと思います。

 

ゴールデンウィークは、

投資のことを忘れて思いっきり楽しむのが私は好きです♪

4月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る