午後1時1分関税率の行方に注目!

金利チャート

米中商協議への懸念が高まっていますが、

本日、午後1時1分に

追加関税率を引き上げるかが

注目されています。

 

すでに、米中の両政府は本日の早朝から協議が再開、

引き上げるという見方が強い中

ドル円は、109円50銭付近まで下げましたが、

今朝は、109円70銭から80銭を中心にもみあいが続いています。

 

追加関税率は10%から25%

引き上げというのですから、

かなり大きな引き上げとなりますので、

為替や株価にも影響はあると思います。

 

そして米金利にも。

米中問題が再燃してからの米金利は下落していて、

関税引き上げが決定されれば、

さらに米金利も下落の可能性が高いでしょう。

 

以下は、米金利チャートです。

 

金利チャート

ドル円と米金利は似たような動きをしているので、

それぞれの値動きにも要チェックです。

緑のラインチャートがドル円の推移を表しています。

 

金利、ドル円チャート

ね、だいたい動きが似ているでしょう。

 

米国が追加関税率を引き上げれば、

中国も黙っちゃいないでしょうから、すぐに報復策が示されると思います。

 

いつまでこんなやりとりが続くのか。

 

金融市場には安定という期間が短いように思います。

 

さて、関税引き上げの場合、ドル円は109円を下回るか・・・

の見極めが必要になってきますが、

下手をすると105円ぐらいまで下げてくるのかも、

なんてことも想定しながらトレード戦略を立てておいた方がよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る