輸入車、追加関税導入先送りか!

車

米中貿易摩擦問題が注目されていますが、

こういった

ファンダメンタル的に

影響力の強い材料がある場合は、

FXでテクニカル分析だけで判断するよりも、

ファンダメンタルも考慮した判断の方が

比較的うまくトレードができると思います。

 

ファンダメンタルにほとんど影響されないと思うような

スキャルピングトレードだとしても、

やはり大きな流れを知っておけば、

損切を軽減できるでしょう。

 

米中貿易摩擦に関しては不安感がつきまといますが、

その不安感が軽減したり過度に不安感が高まったりで、

株にも為替などにも影響します。

 

さて、直近の動きですが、

トランプ氏は、

輸入車への追加関税導入の判断を

最大6カ月先送りする方針です。

 

今週中には、正式発表するということなので、

関連ニュースには注目です。

 

もしかしたら、18日の土曜日に正式発表する場合もあるので

FXで短期トレードをしている場合は、

週末までにはノーポジションにしておいた方が賢明です。

 

輸入車の話にまでなってくると

日本もいろいろ対策をしなければなりません。

 

たとえば、プラスチック部品を作る機械を

米国の自動車部品メーカー向けに輸出をしていたのが

東芝機器」。

 

この工場は、静岡県とタイに生産を切り替えるようです。

車

また、エアコン部品のコンプレッサーを中国で政策、

そして米国企業のエアコン工場に輸出していたのが

「ダイキン工業」です。

 

こちらもタイの生産に移管するとのこと。

 

「三菱電機」に関しては、

米国に輸出していた半導体部品等の生産を一部、

中国から日本に切り替えることも伝わってきています。

 

ここで、へー、そうなんだ、

という理解で終わるのもいいですが、

工場が移るということは、

工場近くに工場に勤める人達が移住するということまで考えると、

投資は、株から不動産まで広げられると思います。

 

投資は、リスクの点から考えると分散投資がいいと考えているので、

1つの出来事に関して、

どこまで視点を広げられるかが

投資家にとって飛躍できるかどうかを左右するように思えます。

 

さて、本日は、中ぐらいに重要な経済指標発表もあるので、

結果はチェックしておきましょう!

5月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る