配偶者のいろいろ

カナダのFranさんから 面白い記事をいただきました~
ちょうど 今 私が苦しんでいる確定申告という言葉も・・・
Franさんは、いろいろなことをご存じだなあ、と思いました。
                         by Yuka.Y
=======================
先日、夫の会社(カナダにある会社で、私の夫はカナダ人で
現在、私たちはカナダで暮らしています。)
の福利厚生ブックをぱらぱらめくっていたところ、
面白いタイトルが目に留まりました。
それは、配偶者についての定義です。
何故、目に留まったかといいますと、
その定義が一ページに渡っているからです。
まずは配偶者が異性の場合の定義:
1)結婚している場合
2)法律的に定められている公の組合などによって認められている場合
 要は、Common Law の事だと思います。
結婚はしていなくても、君たちがパートナー同士だと知っているよっ
てことだと思います。
この点、自己申告制のようです。
3)公の場で必ず、配偶者として公表されている事。
(これは、会社行事などに配偶者として連れてきている事を指していると思います。
例えば、会社のパーテイなどに配偶者が居るのに、
同席していないのはおかしいと言う考え方だと思われます。
相手に仕事の都合がある場合は、
二人とも欠席しているような印象が私にはあります。
例えば、「あれっ?今日は、ボブはどうしたの?」って夫に質問をしたとします。
そうすると「ああ、今日は彼の奥さんが仕事で来れないんだよ」そんな感じです。
もちろん、シングルの人は一人で来ます。
1と2に関してはカナダの税金の確定申告書にも同様に選択が出来るので、
当地では結婚していないカップルも普通に配偶者として扱われています。
私が思うに、生活を共にしているかどうかがポイントではないかと思われます。
それから、カナダには戸籍がありません。
また、私たちはカナダで挙式していないので、結婚届もカナダには出しません。
ちなみに私の夫の兄は結婚をしていませんが、
彼のパートナーは私たち家族の一員として扱われています。
配偶者が同性の場合:
1)異性の項の3と同じで、公の場に自分のパートナーとして連れてくる事となっています。
これらの説明の言いたいことは一般的に「貴方のパートナーはあの人ね」と
知られている事が重要のようです。
でも、どう考えても隠す事ではないので、状況で判断されるのでしょう。
実は、私、先日、夫の会社のクリスマスパーテイで全然、見覚えの無い人に
「OOは君の夫?それともボーイフレンド?」って聞かれました。
唐突に聞いてきたので、随分、失礼だなと思って、「貴方は誰?」と聞いたところ、
最近、入社したITのスタッフでした。
私はこの土地では珍しいアジア人なので夫の会社の取締役も含めて、
私が夫の妻であり、日本人である事は知られていることなので、
びっくりしましたが、新しい人が入ってくれば、やはり、目につくのでしょうか・・・?!
その福利厚生ブックの配偶者の項の一番、最後に以下のように強調されていました。
「配偶者はその時々、一人の社員につき、一人しか認められない」でした・・・・
そのうち、一人につき2人の配偶者を持つ時期も来るのでしょうか。
カナダは今年、同性同士の結婚が認められたので、
今年の確定申告欄は項が増えるのでしょう。
ちなみに夫の会社のこの定義は1993年施行となっております。
                                   Fran

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ベア改めブル
    • 2006年 1月 07日

    同性の結婚が公に認められているとは、びっくりです。
    私は絶対に認めませんけれど。
    なんか、気持ち悪くありませんか~?
    それはともかく、新年おめでとうございます。
    本年も、よろしくお願いいたします。
     縁起を担いで、名前も変えました。よろしく。
    お正月は、有花さんのDVDを見させていただきました。
    1日で19万位の利益はすごいですね。
     昨年の利益で、DVDの見れるパソコンを買い、張り切って新年大発会を迎えたわけですが、早くも反省の嵐です。
     ところで、質問なのですが、ある銘柄の信用残を見たところ、売り残が0で、買い残が200以上でした。
    この場合、株価は下がる可能性の方が高いのでしょうか?
     どなたか、教えて下さい。よろしく、お願いいたします。

  1. Franさん
    さすがカナダですね。
    日本じゃ考えられない…
    ベア改めブルさま
    売り残ゼロというのは、空売りが認められていない銘柄なのでしょう。
    この場合はどちらともいえません。

    • ぶる
    • 2006年 1月 07日

    ぽちママさま
    空売り禁止銘柄ですか。ありがとうございます。
    初めて知りました。
    かなり下げている銘柄なので、買い時かな~なんて思っていたのですが、フツーではないと云うことですね。
    来週どうなるか、見守ります。
    信用残って良くわからないです。
    某銘柄は4.4倍、また、某銘柄は0.99倍と云う時はどのような意味を持つのでしょうか?
    それとも、前日比の方を注目すべきなのでしょうか?
    いろいろすみません。お暇な時教えて下さい。

  2. ぶるさま
    書き方が足りなかったようです。
    空売りが出来る銘柄は貸借銘柄といい、買いのみは信用銘柄と区別されています。
    なので、先ほどのぶるさまの銘柄は信用銘柄となります。
    空売りができないイコール危ないということではありません。
    ですが証券取引所での判断で、すこし前の三菱自動車では「新規空売り停止」ということもありました。
    信用取り組みに関しては、通常売りより買いのほうが多いです(1以上)。それが売りのほうが多い状態(1以下)を「信用取り組みが良い」と言われます。なぜかというと、空売りをしている人は必ず株を買って返さなければなりません。株価が上がりすぎたから、下がると思って売っているわけです。でも思惑に反して上がってしまったら、損をわかって買い戻さなければなりません。その買いによりまた株価が上がって…と「ふみ上げ」と言われる株価の急騰になったりします。
    逆に10とか20倍とかになっていると「買い長」と言われ、株価がなかなか上がらないということもあります。
    私なら、同じ様な銘柄なら、信用取り組みは低い方を選びます。

    • ぶる
    • 2006年 1月 08日

    ぽちママさま
    詳しいご説明を、本当に有難うございます。
    良くわかりました。
    指標のひとつとして、参考にしようと思います。
    と言っても、「制度」と「一般」の区別は、まだわかりませんが。
    「ふみ上げ」は、信用売りをしている人にとっては、恐怖でしょうね。
    「株価は欲望と恐怖で成り立っている」と有花さんのご本のどこかに書かれていましたが、正にその通りだと思います。
    自分の気持ちに勝たなくてはと思うこの頃です。
     

    • chuchuのママ
    • 2006年 1月 08日

    Franさま
    ご無沙汰してます。
    一歩外の国に出ると、自分の常識が常識で無くなるって
    いつも感じます。
    今回のお話もビックリでした。
    戸籍がないていう話は聞いたことがありますが
    日本では考えられないですね。
    もし、戸籍がなかったら今の私は不安です・・・・・。
    やっぱり日本人的考えですね。
    大切な時の身分証明は何でするのだろう?
    日本では戸籍ですものね。

    • みず
    • 2006年 1月 08日

    いろいろな面でお国柄が出るんですね。
    Franさん、興味深い記事をありがとうございます。
    知人が戸籍とか誕生日とかにこだわらない国の人との結婚を日本領事館(大使館?)に届けようとして、書類に記入すべき誕生日などの情報が無いことを理由に何度も申請をやりなおした話しを聞いたことがあります。
    決められた手続きなので、本人も役所の担当者も困りきってしまったそうですが、こういう話を聞くといかにも日本的だなあと思います。
    記録にないことを書類にかけといわれても、わからないものはわからないのですが、それでは通らないんですね。ひょっとしたら、お役所の手続きをクリアするということは、身元が確かと判断されたということで日本人の安全を守るという意味もあるのかもしれません。日本の結婚制度はそれをクリアしてやっとパートナーとして認めるということでしょうか。
    海外にある日本のお役所の仕事が日本人の利益と安全を守ることなら、壁を作るのではなく、安全に乗り越える方法をまず探して欲しいものですが。
    相手の社会的地位や性別、出身国などの問題であきらめなくてはならないのもどうかと思いますが、現実は案外厳しいので、自分にどこまで乗り越えられるか見極めて進む判断も必要かもしれません。
    株をはじめてつくづく思ったのですが、自分の力量の見極めって大事ですね。何度やってもだめならなにかが足りない、または自分に向かない。それを認めてスタート地点に戻ると軌道修正ができそうな気がします。あくまで気がするだけで、現在軌道修正の真っ只中です。(^^;)

    • くりママ
    • 2006年 1月 09日

    Franさん
    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    また会話しましょう。楽しみに待ってます。

    • みのもんもんた
    • 2006年 1月 10日

    Fran さま
    ごぶさたです~。元気ですか??みのもんもんたです。
    いつもながらの ためになる&面白い内容でPCの前で一人
    『ふむふむ・・・』なんて読んでます。
    この正月は日本にこられたのですか?
    日本は寒いですよ~。って、カナダの天気見てみたら
    カナダもやっぱり寒そうですね。
    うう・・・熊といっしょに冬眠したい・・・
    なんか持ち株も冬眠中だし・・・
    寒いんで、お体大事にしてください。
    ではまた。

    • chuchuのママ
    • 2006年 1月 19日

    franさまへ
    今回のことでfranさんの書いて下さっていたことの重要性を改めて感じました。
    こんな時きちんと分析して買っていれば何も怖がることがないですね。
    今一度勉強します!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントありがとうございます

山本有花 著作PickUp

ページ上部へ戻る