山本有花の株茶屋!  |   山本有花主宰『桜工房』  |  HOME

HOME > 桜工房 > 桜工房・ブログ > 2006年12月06日の記事

« Vol,28 ‘季節の柿を使った ベビーリーフの生ハム添え’ | メイン | Vol,30 Merry X'mas ☆聖夜のサラダ☆ »


 Vol,29 さささっと・えのきの佃煮!

2006年12月06日

こんにちは chuchuのママ です。
もう師走に入ってしまって、気だけが焦ってしまっています。
今年は早くから大掃除に取りかかったつもりでも、
やっぱりダメで・・・・・。
皆さんはいかがでしょうか?

さてさて、これからの季節来客も多かったりしますよね。
そんな時に一品 付き出しとし‘えのきの佃煮’なんていかがでしょうか?

DSCN1753.JPG

時々無性に食べたくなって作ってしまいます。
市販では なめ茸茶漬け として売られていますよね。
でもこれを手作りですると、とってもお上品な味に大変身~!
たかが ‘えのき茸の佃煮’ですが、
器と演出そしてお味で、チョイといい感じになるのです。
日本酒にはぴったり!
トッピングに大根おろしや、
イクラなどをのせてみたりしてみてもいいですよね。
安く、簡単に作れて、美味しい!なら作るのが一番!
ご飯にのせたりする時は、
もう少し濃い目の味付けでもいいかもしれません。
その辺はお好みでどうぞ。

♪♪ 材料 ♪♪ 
 
えのき茸・300g 醤油・大さじ2 
酒・大さじ1 砂糖・小さじ2 味りん・少々 

♪♪ 作り方  ♪♪ 

1、えのきは、袋の上から根元部分を切り落とします。
  (汚れが気になる方は洗って下さい。
  その場合水分はしっかり取って下さい。
  痛みやすくなります。)

2、1、のえのきを鍋に入れ、味りん以外の調味料を
  全て入れて中火にかけます。
  焦がさないようにかき混ぜます。
  すると煮汁が出てきますので、
  味りんを入れて焦がさないように煮込みます。

3、煮汁が少なくなったら出来上がり!!

※和風パスタや和え物などにと、アイデア料理に使ってみて下さいね。

| 2006年12月06日 06:51 |



 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabucha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/434







 コメント

chuchuのママさま

お正月のお料理の一品としてもいいですね。
写真のような盛り付けだと とっても豪華です。
高級料理屋さんのお通しみたい。

えのきは、大好きなので作ってみたい一品です。
素敵なレシピありがとうございました。

| 有花 | 2006年12月06日 07:03

ちゅまりん♪

昨日、ちょうど 買い物に行って
“ピリ辛 なめ茸の佃煮”に目がいき、
買おうかどうしようか 迷いました。
結局、買わなかったんだけどね~ 
買わなくて、正解だったわ~♪

これからの日本酒のアテにも いいよね (*^0^*)アハッ
簡単そうなので、あたしでも出来るわ~♪
師走の忙しい時期に もってこいの1品よね!!

ちゅまりんの器は、いつも可愛いよね~!!
これは、タイの食器だよね?
あたしも欲しいな~p(^0^)q

そうそう あたしは、まだ大掃除にとかかってない・・・・・

| て~ちゃん | 2006年12月06日 07:18

chuchuのママさま、こんばんは。

 ウチの近くにえのきを栽培している農家があって、よく頂くの。
 ビニールハウスの前を通ると、なんだか臭うのだけれど。
 大量に頂くと始末に困って、毎日鍋っていう訳にも行かないし。
 でもコレ良さそうじゃない。
 「なめ茸茶漬け」なのね、瓶詰めで保存できるかしら。
 暮れには私も真っ青になる「のん兵衛」が来るから、ちょうど良い突き出しにしましょう。
 タイの食器なの?純和風に見えたわ。
 私も器にも少し凝るようにしよう、来年からは。

| りきちゃん | 2006年12月06日 21:29

有花さん
こんばんは~
アップありがとうございます。

わ~高級料理屋さん、みたいですか?
うれしい!です。

ぜひ、お正月用にも作ってみてくださいね。

| chuchuのママ | 2006年12月06日 21:53

て~ちゃん
今晩は~~。
いつも、早いコメントありがとうございます。

わ~買おうと思っていたのね。
それは、グッドタイミングでした。
ぜひ、作ってみて下さいね。
手作りだと、添加物も無くって安心していただけますし。

そうそう、味はお好みでしてね。
ご飯には、もう少し甘辛くするといいかも。
お茶漬けにも美味しいよね。

| ちゅまりん♪ | 2006年12月06日 21:59

りきちゃん
今晩は~。
いつも、こめんとありがとうございます。

わ~りきちゃん、ご近所さんにいただくのですか?
羨ましいです~。
確か長野県が生産高トップだったように思います。

ぜひぜひ、自家製なめ茸茶漬け作ってみてくださいね。
若い方には、もう少し濃い目が好まれると思います。

私もいつも瓶詰めにしています~~。

これは、タイの食器なのです。
まだまだ、可愛いのが沢山売られていて、もっと集めたいのです。
器って 買わなくっても、見ているだけでも楽しいですよね~~♪

| chuchuのママ | 2006年12月06日 22:08

chuchuのママ♪

おいしそう~。
市販の瓶詰めのは好きでよく買います。
ごはんの友ですよね^^
佃煮かぁ~。作れるんだ。
ワクワク♪
作ったら、またお邪魔しますね!!

| snowflake | 2006年12月07日 22:08

chuchu のママ~

びっくり、佃煮って簡単に作れるのですね。

実はこちらにも ENOKIって売っているのです!
今まで、買ったことが無かったのですが、
作ってみます~

いつも心のこもったレシピを有難うございます。

| Fran | 2006年12月08日 10:51

今晩、作ってみました。
とても簡単でおいしかったです。

| ミント | 2006年12月08日 19:50

あ~、なめ茸だ~^^
もう1品欲しいとき、いいよねぇ~
ピリ辛コンニャクとかも、簡単で良いよぉ~
器がお洒落だと、料理もお洒落になるね!
器って大事なのね~ ちゅまのセンスに、いつも感心^^
我が家は、いつも同じお皿・・・
ドーナツを食べるわけじゃないのに、ミスドのお皿がいっぱいあるし・・・汗
夫が、お客さんにドーナツを買っていく度に、引き換え券を持ち帰ってくるんだも~ん。
ちゅま家には、いったい何枚お皿や器があるんだろう~?
全部、自分で選んだものなのかな?

| ハイジ | 2006年12月08日 21:00

snowflakeさ~ん
今晩は~。
いつも、コメントありがとうございます!!

そうそう、それそれ。
はい~ごはんの友です~。

美味しいですよ。
ぜひ、作ってみて下さいね。

| chuchuのママ | 2006年12月09日 01:52

Franさん
いつもコメントありがとうございます~。

わ~良かったです。
えのき茸は、そちらにもあるのですね!!
いつも、そちらには有るのかしら?って思ってしまいます。

じゃあ、ぜひ作ってみて下さいね~。

| chuchuのママ | 2006年12月09日 01:54

ミントさ~ん♪
いつも、コメントありがとうございます~

わ~い、早速作って下さったのですね。
簡単で、自分の好みの味付けに出来ていいですよね!

| chuchuのママ | 2006年12月09日 01:56

ハイジさ~ん
今晩は~
そうそう、ちょっと後一品って言う時にもいいですよね~
ピリカラコンニャクも大好き!

器ですか?
戴き物もありますが、自分で買った物が多いかしら。
最近は、あまり買わないようにしています。
入るスペースが少ないので・・・・。
で、まだ欲しい形の物があったりするけど・・・・・キリが無いので。
でも、お気に入りの器が数点あれば、それでいいと思いますよ。
ミスドって、白ベースですよね?
それは、それで使い方で料理が栄えると思いますよ!!

| chuchuのママ | 2006年12月09日 02:06

きょう、作りましたよ「えのき茸の佃煮」
夕食に登場~おいしかったですっ^^

えのき茸300g「こ・こんなに・・」って量でしたが、案の定、量が減りました^^;
いつも瓶詰めのを買っていましたが、こんなに簡単に作れるなんて、しかも安いっ!!
chuママ、ありがとう♪
私の定番がドンドン増えていくぅ~~♪
これからも、よろしくお願いしますね^^

| snowflake | 2006年12月10日 22:24

ちゅまりぃ~んっ♪

おはようさんっ ∠(^ε^)
昨晩、“えのきの佃煮”作ったわよんっ (^ー^)v

それをアレンジして、なめたけ丼にしたんだけど
ちょっと味付けを濃い目にしたら、少し濃かったみたい ((>__<))
ほんのちょっとっていう味加減が あたしはイマイチ だめなんだよな~
て~パに「アンタは、微妙な味加減が下手だ!!」とよく若い頃から言われたもんだ~

いつもは、瓶詰めのなめたけを使うんだけど、手作りのなめたけの佃煮は、美味しいよね~♪
身体にもいいし・・・・・
っで、そのなめたけ丼!! 作り方は、超かんたんっ♪
鍋になめたけの佃煮を入れ、沸騰したら小口に切った葱を入れて、溶き卵でとじるだけ~~~っで、ごはんにかける。
昨夜は、柿ときゅうりの白和え、野菜たっぷり汁、ブリ大根も作ったよ!!
うんっ!! もちろん 美味しかったよ~♪

ちゅまりんっ また かんたん美味しいレシピをよろしくね~♪


snowさん♪

おひさしぶり~ (*^∇^)ノ彡
昨夜は、snowさんも“えのきの佃煮”を作られたのね~
美味しかったでしょう!!
よく気が合うね♪

| て~ちゃん | 2006年12月11日 09:23

て~ちゃ~ん!!

ほんと気が合うねっ♪
“なめたけ丼”もおいしそうだ~^^
今度、作ってみるね。
どんどん料理の幅が広がるぅ~♪♪♪

| snowflake | 2006年12月11日 22:24

snowflakeさ~ん♪
今晩は~
早速作って下さってありがとうございます~。

うふ、一瞬初めの量に驚きますよね。
でも、見る見るうちに減っていって、またまたビックリ!

そうなの、安くってご家庭の好みの味付けに出来るのがいいですよね~~。

佃煮や保存食類作るの大好き!なのです~。
またご一緒に作っていただけるメニューをアップしますね。
いつも感想もコメントいただき、とっても嬉しいのです。
ありがとうございます。 m(__)m

| chuchuのママ | 2006年12月12日 00:13

て~ちゃん 
今晩は~♪
て~ちゃん、いつもご報告ありがとう!
うれしいです (*^。^*)
作って下さったのね~。

そう、少し味付けが濃くなってしまったんだ・・・・・・。
でも、失敗も成功への一歩だよね~。
自慢じゃないけど私も、失敗はよくするよ・・・・・。

それにしても、て~ちゃん家ご馳走ですね~~。
我が家は今夜、大根はあったけど、ブリが無かったので、大根入りのお味噌汁にしました。
そうそう、ちょっといい牛肉が手に入ったので、ササッと焼いてから、こだわりのお塩を、すこ~し付けていただきました!!
美味しい素材には、あまり味付けしないで、その素材の味を楽しむのが一番!ですね。

| ちゅまりぃ~んっ♪ | 2006年12月12日 00:37

ちゅまりん♪

ちゅまりんも 失敗することあるの? (^◇^ ;) ホエ~ッ 

こだわりのお塩って、どんなお塩?
確かに 美味しい素材は、その食品そのものの旨みがあるから ほんのわずかな塩で食べられるよね~
お塩は、昔から きらしてはいけないって言うからね~

それにしても ちゅまりん家のディナーの牛肉 美味しそう
想像するとヨダレが出てきた~ (^¬^) ジュルッ♪
 

| て~ちゃん | 2006年12月12日 06:59

CHUCHUのママさま みなさま 
はじめまして

ナメタケ作れるんですね!!お役立ちレシピありがとうございます。さっそくうちの定番です。

海苔佃煮も同じような要領で作れるんですよ。母がよく作ってました。湿気た海苔を捨てる前にお試しあれ。

| kazumi | 2006年12月13日 17:14

て~ちゃん♪
お塩は色んな物を試してみました~。
それで、今は三種類位のお塩を使い分けています。
(と言っても気分で分けてるのかも・・・・)

主に使うのが、‘モンゴルの古代塩’です。
とっても、マイルドなお塩で美味しいのですよ!
後は、パキスタンの‘ブラックソルト’と韓国の‘焼き塩キパワーソルト’を使ったりします。

調味料って、とっても重要ですよね。
お料理を上手く引き立ててくれるのも、調味料だと思います。
匙加減は難しい~~。

| ちゅまりん♪ | 2006年12月13日 18:15

KAZUMIさま
初めまして m(__)m
コメントありがとうございます!
とっても嬉しいです♪

なめ茸、結構いけるお味です。
ぜひ、定番の仲間入りをさせて下さいね。

海苔の佃煮!!
うふ、私も湿らしてしまった海苔や、今一のお味の海苔は佃煮に変身させます~。
これも、たまらなく美味しいですよね~。
いつかレシピにアップしたいと思っていた‘佃煮作り’の一つです。
やっぱり、手作りにまさる物は無い!ですよね~。
kazumiさんのお母様は、色々と手作りされるのでしょうね。
それをいただけるkazumiさんは、お幸せです!!

| chuchuのママ | 2006年12月13日 18:24

ちゅまりん♪

こんにちは~(^。^)/~~
質問に答えていただいて、ありがとう♪(*'-^)-☆パチン

ちゅまりん家は、普通 使用しないようなお塩を使っているのね!!
これらは、ご近所のお店で入手するの?
ブラックソルトは、硫黄臭くないの?
多分、お塩もミネラルウォーター同様 ミネラル分の割合によって 味の甘味、辛味、苦味等が変わってくると思うのね。
そのお塩の特徴を生かして、使い分けてるんだから きっと ちゅまりん家のお料理は、格別なはず!!

| て~ちゃん♪ | 2006年12月14日 14:46


 
HOME山本有花の株茶屋!山本有花主宰『桜工房』取材の申し込みお問い合わせプライバシーポリシー

Copyright (C) Yuka Yamamoto, All Rights Reserved.